サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

「続刊予約キャンペーン」(~5/31)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

キャッシュリッチ企業が買い

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作「必勝ゼミ」に続く第2講。前作の進化版。「はじめに」にもあるように本書では株式投資で資産形成するための基礎知識、考え方、方法に重点を置いている。実際にこれから使える、再現性のある知識と方法論を読者へ伝えようとしている。
 前作との違いは、買う基準を見直している点。
 また、前作の基準を満たす企業が格付け「AAA」とすれば、本書では新基準をもうけ、「AA」や「A」の企業にまで手を広げ、基準の拡大、緩和を行なっている。
 第3章では、キャッシュリッチな企業を買いの選択肢として挙げて、その選び方を説明している。ここでは、PnCR(株価純キャッシュ倍率)という指標を定義している。
 第4章では信用取引の4つのリスクについて(著者の投資法では信用取引は禁止)説明し、信用取引に似ているがそのリスクがない取引(空売り)を披露している。名付けて「現物空売り」。しかしよく読めば、一度現物を売って決済してしまうから空売りでもなんでもない。売った時点で現物はゼロなのだから。更に値が下がると読んで十分に下がったところで買い直しているだけだから、そこだけを見れば通常の取引をしているに過ぎない。しかも下がってから十分に値を戻すには下がるよりも時間がかかるものだ。どちらかと言えば「バーチャル(仮想)空売り」と言ったところか?
 著者は信用取引は禁止と言っているのだが、現物を持っている上で信用取引で空売りを行なう「ハイブリッド空売り」という手法も披露している。こちらもリスクがないのだが、少し難易度は高い。「リスクがない」と言っているが、やるなら十分に理解してからやるべきだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示