サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

新規:予約キャンペーン(1116-30)

電子書籍

賢者の贈り物 みんなのレビュー

  • 石持浅海
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本賢者の贈り物

2011/07/27 11:25

寓話や童話をモチーフというか、オマージュした日常のミステリ短編集。面白い試みだとは思うのだけれど、もう一工夫ほしいかも。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作の『賢者の贈り物』をはじめ、寓話や童話をオマージュした日常の謎短編集。石持作品としては異色らしい(石持作品をあまり読んだことがないので、本書が異色かどうかわたしには判断はつかない)。ちなみに、石持作品=異端といわれている、と聞く。

寓話や童話をオマージュした作品というのは少なくはないけれど、本書の試みはとても興味深い。すこし視点が違うのかな。斬新な切り口だと思う。

ただ、理屈をこねくり回す箇所が多くて、とってもげんなりしてしまった(笑)。

石持作品は数冊しか読んだことがないけれど、これまで読んだ中では文章が格段にキレイだった(洗練されている、無駄がない)。随分お上手になったものだと感心する。しかし、理屈が多すぎる。

本書は連作短編集というわけでもないのだけれど、どの短編にも決まって「磯風さん」という女性が脇役で登場する。この磯風さん、いいキャラなのだけれど謎が多い。ある時は母であり、ある時は若い社会人であり…時系列もバラバラだし、同一人物なのかそれとも祖母母娘といった具合に世代が違うのか、よこのところがよくわからない(意図的に曖昧にしているのだろう)。が、とても気になるキャラであることに違いはない。

でも、魅力的かというと、なんとも言えない。これまで読んだ石持作品にも、女性の登場人物は多多登場するけれど、その誰もがあまり魅力的に(わたしには)映らない。ずっと不思議だったのだけれど、本書の解説でその謎が解けた。

著者は男性だそうだ。世間一般的には知られているのかもしれないが、わたしは解説を読んで初めて知った。

それを聞いて、あぁ、なるほどね(苦笑)、と納得してしまった。だって、石持作品のどの女性キャラクタも、女性が描きそうな人物像ではないんだもの。女性にとっての魅力的、と男性にとっての魅力的が大きく異なる、ということなのかもしれないけれど。




『賢者の贈り物』収録作品
・金の携帯 銀の携帯
・ガラスの靴
・最も大きな掌
・可食性手紙
・賢者の贈り物
・玉手箱
・泡となって消える前に
・経文を書く
・最後のひと目盛り
・木に登る

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示