サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

電子書籍

徳川秀忠 みんなのレビュー

  • 小和田哲男
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2000/2/21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの大河ドラマで取り上げられたことで注目が高まっている徳川幕府草創期の三代。そのなかで2代将軍・秀忠は、父である家康、息子の家光に比べると存在感が薄い。天下分け目の「関ヶ原の合戦」に間に合わなかったという大失態を演じた上に、「大坂の陣」でも目立った功績を残せなかった。武将としては「凡庸」というレッテルを張られている。
 創業者の業績を3代目にバトンタッチしただけの無能な2代目——。そんな通俗的な見方に、本書の著者は「守成に対する評価の欠如」があると反論する。家康が豊臣の五大老の一員として畿内で政務に就いていた時期、秀忠は家康の“分身”として関東地域の支配力を強めた。こうした功績を上げ、「秀忠の果たした歴史的な役割は特に大きなものがあった」と著者は指摘する。
 企業社会でも、2代目は何かと批判にさらされる。だが、「攻め」と「守成」という役割分担でとらえると、2代目に対する評価も案外変わってくるかもしれない。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示