サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

電子書籍

安倍政権は本当に強いのか みんなのレビュー

  • 御厨貴
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

強さとは何か

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

安倍政権の「強さ」を戦後政治史的な観点と著者の経験とで読みといた面白い一冊。安倍政権が弱まりつつある今こそ読むことで、本書の分析が正しいかそうでないかが判断できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

壮大なる蜃気楼政治

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

「私たち政治学者は政治についてあれこれ好き勝手に評論していますが、自分の政治学を現実の政治世界で実現してやろうなどともくろんでいる人は、いないと言っていいでしょう(82ページ)」
 私は評論家なんて、コバンザメだと思っていましたが、「政治評論家は、いい加減だ」と自らが吐露している本を見たことがなかったので、驚きました。昔、北野たけしさんが「オレなんか海外で評価されて賞をもらったらクルっと変わった。まあ、(評論家は)いい加減なやつだよ」と批判していましたが、どの業界も評論家は、しょせん評論家だということですね。

 さて、本書の内容ですが、安倍政権の今と将来を、昔の自民党体制を織り交ぜながら、政界裏話を語っています。時代の変化を考慮しない「昔は良かった」的な論調は、64歳(初老)の方の感覚だなあと思いました。
 ただ、第五章(164ページ~)の無責任な小泉政治や、終章(198ページ~)の安倍批判は同感するところが多かったです。
 例えば、「取り戻す日本が、一体どこにあるのか(198ページ)」・・・確かに、安倍が具体的に説明しているのを聞いたことがありません。「アベノミクスの行く末さえわかりません(199ページ)」・・・確かに、日銀の金融緩和以外、安倍は何をしたでしょうか?
 また安倍の政治は「蜃気楼政治」というのは言い得て妙だと思いました。「安倍政権は次から次へと蜃気楼を見せるためのテーマを今後もぶち上げ続ける(209ページ)」のですが、「蜃気楼政治に対して「それは夢だ」と怒鳴っている民主党こそが、その前に夢を壊した張本人ですから、これまたまったく説得力がありません(208ページ)」という政治の惨状です。
 「六年間、一年ごとの総理で飽き飽きした国民は、アベノミクス効果を自ら実感できなくても「何となくうまくいってる感」があれば、ある種の高揚感に包まれます(207ページ)」。安倍政権は危うさを孕みながらも、まだまだ安泰のようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示