サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 20世紀とは何だったのか
  6. 20世紀とは何だったのかのレビュー

電子書籍

20世紀とは何だったのか みんなのレビュー

  • 佐伯啓思
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

ポピュリズムに負けないために!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ryou - この投稿者のレビュー一覧を見る

20世紀とは何だったのか。壮大なテーマである。近代を構築してきた西洋的価値観の衰退とそれに代わる「アメリカ二ズム」の台頭、そして衰退。思想史をたどることで、20世紀の問題意識がコンパクトに実によくわかる。だが冷戦終結後、世界が混迷するなか、多様な価値観が噴出するなか、新しい秩序の構築に世界はいたっていない。「大衆社会」が1世紀たち、民主政治は「ポピュリズム」に堕ち混迷し、資本主義市場経済は「グローバル化」で地球をおおい、各国の国民経済を破壊している。21世紀を理解するのに実に示唆に富む名著である。佐伯先生の『アメリカニズムの終焉』を併せて読むともっと多くのことが明確にわかるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史を学ぶ意味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今、世界で起きている問題、北朝鮮を巡るアメリカ、中国、ロシアなどの強国の姿勢、そして単純ともいえる日本の立ち位置など、なぜそうなるかを紐解くには民主主義成立の背景を知ることが大切なのだと気付かされました。民主主義にすれば世の中(世界)は良くなると短絡的に考えがちですが、決して民主主義が平和をもたらすものではないことを知ることができる1冊です。大学生の息子にも読ませたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示