サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

「続刊予約キャンペーン」 (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 真田幸村
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

真田幸村 みんなのレビュー

  • 佐竹申伍
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

家康が怖れた男、幸村

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 真田といえば”真田十勇士”。子供のころNKHの人形劇を楽しみに見ていた覚えがあるが、今ではほとんど筋書きは記憶にない。この連続TV劇はおそらく講談本と呼ばれるものに近いものだったはず。
その主人公が幸村という名であったかどうかも定かではないが(きっとそのはずだ)、なぜか猿飛佐助や霧隠才蔵、三好清海入道という名前のほうが記憶に残っている。私を含め多くの子供たちをわくわくさせてくれた。
 さて、この本はタイトルにもあるように真田幸村の一生を描いた小説である。内容は先の人形劇的な展開ではなく、より史実に近く、登場人物たちも超人ヒーローではなく、より人間的な姿に描かれている。幸村が主人公の小説だから多分にヒーロー的な描き方はされてはいるが。
関ヶ原合戦では幸村は直接の働きはないが、地元・信州上田で秀忠部隊を足止めし、彼らの関ヶ原への遅参につなげた。結局、秀忠部隊なしでも家康は勝利を得たため、敵対した幸村・昌幸(父)親子は高野山へ流されることになった。兄・信幸は徳川方についたため、真田家は安泰ではあったが。
浪人生活の後の、大阪冬の陣、夏の陣での活躍は既に、司馬遼太郎の”城塞”で読んでいたから、そちらとほぼ同じ内容で新たな発見はなかったが、幸村という男の生き様が格好よく描かれていた。
しっかり、猿飛佐助や霧隠才蔵、三好清海入道、海野六郎、穴山小助、由利鎌之助、筧十蔵という面々が登場する辺りはなんとも、うれしくはある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示