サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

レビューキャンペーン(0508-31)

電子書籍

誰がテレビをつまらなくしたのか みんなのレビュー

  • 立元幸治
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

テレビを消して、本を読もう!それが、心のスローライフ

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKのOBによる現在のテレビ(広くはマスコミ)に対する苦言である。どれもうなずけることばかりである。著者が言うように、いまやテレビは空気や水同様に「環境」と呼んでいいだろう。空気が汚れていれば呼吸器がやられ、水が有害物質を含んでいれば健康が損なわれていくように、テレビが堕落すれば精神が蝕まれる。

 私もこの数年CMのたびに、何十秒か前に戻されるのにはうんざりしている。クイズ番組は、解答の前にCMが挟まれテンポが崩される。そして、何よりも信頼がおける番組がほとんど皆無になってきている。タレントも、視聴率が取れれば、下品であろうが、知性がなかろうが、暴力事件を起こそうが、すぐに復帰して驕り高ぶった発言を繰り返す。

 著者はそんな場合、スイッチを消すだけでなく、スポンサーの商品の不買運動を!と呼びかけている。なかなかそこまではと思うが、そこまでしなければ現状を変えることはできないだろう。

 そして、それにはまず、何が良くて何が悪いのかを見極めるために、見る目(リテラシー)を磨く必要がある。この本以外では、『テレビの教科書』碓井広義や『テレビ報道の正しい見方』草野厚などが、その参考になる。

 また、第11章「何がテレビを変えるのか」で、述べられているように、時にはテレビのない生活を送ってみることが大切だと思う。テレビを消して映像も音もない世界で、会話を、読書を、散歩を楽しんでみること。それは、いろいろな気づきを生んでくれるだろう。

 著者とともに、経営者には「哲学」を、制作者には「志」を、視聴者には「自立」を求めてゆきたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示