サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

「続刊予約キャンペーン」(~5/31)

電子書籍

日本の競争優位とは何か みんなのレビュー

  • 石黒憲彦
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2000/11/12朝刊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 政府が情報技術(IT)革命を経済再生の柱とし、多くの経済ニュースにはITの二文字が踊る。だが、本書はITを目的ではなく手段ととらえ、単純に米国型経済モデルを追求すべきだという議論は愚の骨頂と断言。そのうえで、日本の強みと弱みを整理し、目指すべき競争優位戦略を説いている。
 現役通産官僚である著者は、護送船団型行政による企業育成、終身雇用制など従来の日本型経済システムを基本的に肯定する一方、その限界も指摘。競争優位戦略の基盤には引き続き自動車、家電を中心とした「もの作り」を据え、これがITに裏打ちされた「情報」と融合して新規産業の創出につながると論じる。政府には特許・技術情報を積極活用するデジタル・ニューディール政策の推進を求め、自立自助の精神を背景にした柔軟で風通しのよい個人本位の社会づくりを提言する。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示