サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

講談社コミックセット25%OFFクーポン(~12/13)

電子書籍

人生という作文 みんなのレビュー

  • 下重暁子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本人生という作文

2016/01/04 07:38

書くことでこれからの人生を生きて行く

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

書くことが嫌いではない。
 はっきり好きと書かないのは、大事なことをまだまだ書けていないから。大事なこと。それは自分自身なのかもしれない。
 これから先、それを書くことができるだろうか。
 『最後はひとり』というタイトルで出た単行本を加筆、再編集し、さらに社員食堂で働きながら松本清張賞を受賞した作家山口恵以子との対談を加えた新書版は、もとのタイトルとはまったく違う、いいタイトルがついて新書化された。
 そうなのだ。私たちの人生は作文なのだ。もちろん、書き手は私たち自身。
 下重さんは、「書くとは、自分自身を見つけること」と書いている。
 私たちは何のために生きているのか。幸福になるということもあるだろうが、結局は自分自身を見つける長い旅をしているのではないだろうか。

 この本にはNHKのアナウンサーとして活躍し、その後書くということにこだわってきた下重さんの生き方が綴られている。この本を綴りながら、下重さん自身が自身の生を振り返っているともいえる。
 そして、これからの人生も言葉にしていく。
 下重さんは、「年を重ねる事は個性的になる事。私はようやく書くという最後のものに直面することが出来た。ほんとうにしたい事、ほんとうにしなければならない事。人生の最後に向ってこの道一筋につながる」と、堂々と書いている。
 書くということの見本をこの本では示してくれているともいえる。この人のように書けたらどんなにいいだろう。

 「ものを書く時は、自分一人と向き合うから孤独である」と書いて、そのあとに下重さんはこう続ける。
 「孤独は淋しいものではなく、自分を知るためのもっとも豊かな時間である」と。
 年を重ねながら、自分を見失ってはいけない。自分を深く知ることこそ、年を重ねるということではないか。
 人間誰もが「最後はひとり」のはず。その「最後のひとり」の自分自身とどう向かい合えるか、それはとても大事なことだ。
 書くことで、これからの人生を生きて行く。
 下重暁子さんに倣いたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。