サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】【20%OFF】2018独自コミックランキング商品で何度でも使えるクーポン(~11/19)

電子書籍

古事記物語 みんなのレビュー

  • 鈴木三重吉
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本古事記物語

2009/05/26 21:32

日本の神話をざっと復習

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かつては子供向けに書かれた古事記の抜粋なのだが、今の子供たちには少し理解するのが難しい文体かもしれない。でも、神話的雰囲気を味わうにはそのほうがよいとも考えることができる。それにしても、筒井康隆がパロった作品『バブリング創世記』を書いているように、どうして神話類はこう人物名が覚えにくいのだろう。アマテラスやヤマトタケル程度の長さの呼び名をそれぞれに付けて子供にも読みやすい本を出さないとますます自国の神話を知らない世代が増えていくだろう。記紀というだけですぐに昭和の戦争に結びつける人がいるが、神話を読むことが即、戦争や独裁につながるわけではないだろう。
 
 この本は、古事記現代語訳的な本の多くが、神武東征の前で終わっているのに対して、あちこち省略はあるが全体の抄訳である点が評価できる。上で述べたように、今の小学生が楽しんで読める文体ではなく、中高校生が読むことを考えると、できれば、特に後半、史実との関連やその物語が意味するものを解説してくれる補足があるとよいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示