サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

20%OFFクーポン(0622-24)

電子書籍

倒立する塔の殺人 みんなのレビュー

  • 皆川博子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本倒立する塔の殺人

2016/04/16 17:25

現役の少女たちに是非読んでほしい作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的な好みとしては『薔薇密室』がドストライクなのですが、『倒立する塔の殺人』はまた別の意味で特別な作品。
「あぁ、これを何故小学5・6年生のときに読めなかったのだろう!」という(いえ、実際私がその年にはこの本はまだ書かれていないのですが)。
そういう、「そういう頃に読んでおきたかった!」という作品。
だから是非、そういう年代の人たちに読んでほしい。
ただし、影響受けすぎたら人生変わるかも。
中井英夫や佐々木丸美を読んでいなかったら多分今の私はいないように。

戦時下の日本にあるミッションスクールに通う女学生たち。 もうなんかそれだけでガツンとやられてしまう設定です。  他の皆川作品に比べて読後が軽めなのがよろしいかと(でもそれは手を抜いてるとか内容が重くないということではない。 メタフィクション構造でもあるし)。
こんなにも“少女の純粋なる残酷さ”を美しくもせつなく描かれてしまっているものはあるだろうか!、という意味で、萩尾望都作品にも通じる空気を文章で表現できてしまうのが素晴らしい。
まだまだ書き続けていただきたい方です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本倒立する塔の殺人

2016/12/06 22:53

受け継がれる少女小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:休暇旅行 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦時下、三人の少女の手を渡るリレー小説を中心に据えた、ヤングアダルト向けのミステリです。
女学校でひそかに手渡されていく何か、というイメージが魅力的です。その中身はみんな知らなくて、でもうつくしく危険な、そして生きていくために不可欠なものだ(自分など一部の人にとっては、といううぬぼれもふくみつつ)ということはみんな知っているから、どうにかして受け継がれていく。
作中に絵や小説への言及が多く、付録として作品のうしろに作中に登場した絵のギャラリーまでつけているあたり、作者自身もまた読者へと何かを手渡そうとしているように感じてしまいます。あえて語り手の女の子を、上述のイメージから離れた地に足のついた女の子にしたことにも、本気で届けようとする意志を見てしまう。読者への思いを感じる小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示