サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】集英社コミック1,000円OFFクーポン(4,500円以上で利用可)(~11/18)

電子書籍

だれかが ぼくを みんなのレビュー

  • 内田麟太郎, 黒井健
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本だれかがぼくを ころさないで

2017/06/30 22:04

言葉を失いました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uhyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

穏やかで和やかで可愛らしい世界観を黒井先生の中に見てきましたが、この作品は衝撃的でした。
見慣れた色鉛筆の淡い色合いが、ここまで恐ろしく胸に迫ってくるとは。
読後感がなんとも言えないのですが、多分、言葉だけでも、そして絵だけでも、これほど訴えることはできないのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だれかがぼくを ころさないで

2010/08/08 14:59

抽象的だけど深い

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プラチナ若葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の表紙には目にしたら開かないではいられないような切なさがある。
-----ころさないで という副題と表紙の後ろ姿で立つ少年らしさが残る男性の手からナイフが滑りおちているイラストのせいかもしれない。とにかくこの本の表紙を見たら、落ち着かないざわざわした気持ちになることは間違いない。

この本の言葉はとてもシンプルだ。
ナイフを持って相手を襲おうとしている男の子の緊迫した様子と最小限の言葉でページが進んでいく。そこには詳しい説明はない。読者がこの男の子の差し迫った心をそれぞれの印象でしか受け取ることができない。
ただ、この男の子のすさんだ心を何か温かい輝くものが癒したのだ、ということはわかる。そして男の子の心のあらしが遠ざかり、夜が明けていく場面で終わっている。

最後のページを終えて、なにか重たいものを受け止めたような気分で本の袖を見ると作者の内田麟太郎氏の壮絶な秘密が書かれていることに気付く。そして内田氏がこの本を書くことの覚悟のようなものに姿勢を正したくなるのだ。

内田氏は
「本を書くこということは、人を信じ言葉の橋を架けることである。」
と言う。内田氏のすさんでいた心を救い出していたのは実母の言葉の力だとも述べている。
本は読者が本を開くまで言葉を閉じ込めておく場所である。
そして、この本を読むと、さまざまな言葉は人の心のあらしを遠ざけるために使われるべきである、という気持ちになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だれかがぼくを ころさないで

2016/06/30 09:19

言葉にできない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atoz - この投稿者のレビュー一覧を見る

原画展でこの絵を目にした時
動けなくなりました。
いつもの黒井健さんの筆致でありながら
なんという迫力、そして恐怖。

内容としては、自分の身に取り込んで反芻するのが
難しいと感じたのですが
この絵があってこそ成立する世界なのだと
納得させられた思いです。

購入までに時間を要した作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示