サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

LINE Payキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. 教養としての「ローマ史」の読み方
  6. 教養としての「ローマ史」の読み方のレビュー

電子書籍

教養としての「ローマ史」の読み方 みんなのレビュー

  • 本村凌二
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

ローマはなぜ世界帝国になれたのか。繁栄が続くとなぜ人は退廃するのか。日本史しか興味ない人にもおすすめ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界史でローマというと “ローマ帝国” と簡単に考えてしまいますが、ローマは王国→共和国→帝国と政治体制を変えながら世界史の中に君臨しています。
 この本ではローマとギリシアとを比較して、なぜ民主主義が定着したギリシアでなく、共和制を選んだローマの方がより繁栄できたのか。また、なぜローマは共和制から皇帝を頂点とした帝国へと変貌を遂げたのか、など、前半は私たちが世界史の授業で学んだローマ史を振り返りながら読み進めることができます。
 後半は五賢帝から軍人皇帝時代、東西分裂と進みますが、この時代を通してローマ市民の生活、考え方などの変化がおき、これらがローマの衰亡へとつながっていく要素となっているそうです。特に軍人皇帝時代のことについては学んだ記憶が殆どないので、非常に興味深く読むことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示