サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

極小農園日記(毎日新聞出版) みんなのレビュー

  • 荻原浩
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本極小農園日記

2018/06/14 11:33

人柄が出ている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

『明日の記憶』の著者のエッセイはどんなものなのか興味があったので読みました。素敵な人柄が出ていて更に著者が好きになりました。もっとエッセイを出してほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本極小農園日記

2018/06/12 17:08

農園の話なら極小どころか大きく大きく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社を定年して、さてこれからとっても長い時間をじっくり楽しもうと思っていた矢先、近くで菜園の貸出の募集が始まった。
 それ以前から野菜作りに興味があって、いいな、うらやましいなと見ていたので、少し高かったが借りることに決めた。
 借りるといっても、わずか10平米。3.3坪の「極小農園」だ。
 それから4年。小さいながらも楽しく菜園生活をおくっている。
 だから、そういう方面の本とか雑誌にもアンテナが立ってしまって、直木賞作家の荻原浩さんのこの本にも敏感に反応してしまった。
 まるで黄色い花に吸い寄せられる虫のように。

 荻原さんの「極小農園」の広さは4平米というから、私の畑より小さい。
 それでいて色んな品種の野菜に挑戦しているのだから、さすが「素人菜園」。
 その菜園でどんな農作業をしているかを綴ったのが「極小農園日記」というエッセイだが、初出は毎日新聞に2008年10月から翌年3月に連載されたもの。
 この時期の「農園日記」なんて本当は考えられません。
 菜園は、なんといっても夏が本番。
 空へ空へと延びる夏野菜ほど楽しめるというもので、秋から冬にかけての菜園くらい寂しいものはありません。
 そんな悪条件であっても、より楽しくよりおかしく書くのがプロ。
 さすが荻原浩さん。
 でも、さすがにそれではいけないと思ったのでしょう、今回初エッセイ集となるこの本を刊行するにあたって、夏編を書き下ろしで追加しています。

 荻原さんのエッセイ集が今までなかったというのが不思議なくらいですが、同じ「極小農園」仲間とすれば、それだけで一冊にして欲しかったと思います。(旅のエッセイも面白かったですが)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本極小農園日記

2018/05/15 20:55

萩原さんのほっこりするエッセイ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

萩原さんのイラストがまた、エッセイにとてもマッチしていて、ほのぼのいていい。さがかもし出されていていい。エッセイも思わずうんうんってうなずきそうなことがいっぱいあってほっこりする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。