サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

前世療法 みんなのレビュー

  • ブライアン・L・ワイス, 山川紘矢, 山川亜希子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本前世療法 2

2002/07/31 15:59

内なるダイヤモンドを磨くことが魂の仕事

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワイス博士の2冊目の本として待たれていた原書がアメリカで出版されたのは、1992年のこと。『前世療法』で紹介されたキャサリンをはじめ、ほかの患者の過去世にまつわる退行現象と、彼ら彼女らの人生がその後どのように豊かさを増し、博士自信に影響を与えたかが綴られる。「自分の力を知り、本来の自分の家に帰るために、私たちは真実を思い出す必要があります」。セラピストがまわりにいなくとも、自分で過去世退行に導くための方法が、最後の第11章に添えられている。

高次の存在であるマスターたちからのメッセージがまとめて紹介されている部分が印象的。たとえば、「人はすべて平等」と説くマスターに、著者が疑問を投げかける。マスターの答えは、人を一千個の面を持つダイヤモンドにたとえる。「ダイヤモンドはどれも完全」、「人々の間の差は、ただどのくらいの面をすでにきれいにしたかということ」。

前作同様、すでに自分たちの過去世を知らされる体験を持ち、精神世界翻訳の第一人者ともいえる山川夫妻の仕事である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

魂の不滅と人生の真の意味とは

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダーナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前世の記憶をたどることで、現世のさまざまな問題を解決方向に導く前世療法。精神治療にこの療法を取り入れることとなったワイス博士は、科学者として医者として長年の経験を積み、1980年に、本書の話題の中心となるキャサリンとかかわるまでは「伝統的な科学の手法で証明されないものは、何であれ、決して信じなかった」ことを、まず特筆したい。心霊現象など自分とはまったく無関係と思っていた博士が、たび重なる催眠治療中に現れ出たキャサリンの過去世に触れ、もとの自分に戻ることはもはやできないことを知った。輪廻転生や高次なる魂である精霊たちの存在を、確信するに至ったのである。

本書を書き始めるまでに、実際の体験から4年の歳月を要したという。学会で認められていない情報を、自分の名のもとに公にするのは、勇気のいることだった。「学んだことを多くの人に知らせなければ」という強い思いに押され、博士の体験は、わたしたちの前に届けられることとなった。人生、人間関係、さまざまな出来事の意味が、明らかにされる。学び続ける存在であるわたしたち。博士のメッセージがより多くの人々に伝わるようにと、願わずにいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

前世の記憶を呼び戻して障害を取り除く

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カレン - この投稿者のレビュー一覧を見る

精神科医のワイス博士がキャサリンという患者に偶然出会ったことにより体験した、一連の不思議な現象についての記録。
そのはじまりは、治療のため催眠状態におちいったキャサリンが、次々と前世でのできごとを語りだしてからだった。
神経症、強迫観念などは前世の人生でのつらい体験や恐ろしい死に方によるもので、その「過去世」を思い出すことによって、症状は消える。
たとえば水に対する恐怖は前世で洪水で溺れ死んだため、頭痛は戦士だった過去世で敵に頭を殴られて死んだため、などだ。
ワイス博士はキャサリンを通じて高い精神レベルにいるマスター達からのメッセージを受ける。

実際に退行催眠を受けて自分の過去世までさかのぼってみないことにはなんともいえないが、個人的にはワイス博士の体験を信じる。
死は終わりではなく私たちは何度も生まれ変わり、また愛する人たちも同じ時代、同じ場所でいっしょだとしたら、死の後は光に包まれ、とても安らかな気分になるとしたら、今の人生をもっとおだやかに生きる助けになるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。