サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍

日本人の論語 みんなのレビュー

  • 谷沢永一 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

碩学披露で主張曖昧

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

残念ながら、これは失敗作である。谷沢は碩学に基づいてものを語る時、鋭いものがある。それゆえ、現代社会批評において、慧眼の持ち主といっていいだろう。

 この本では、伊藤仁斎の『童子問』を読み解くかたちで、『論語』『孟子』に言及し、その背景として「四書五経」や「荀子」なども紹介、さらには、作者谷沢の意見も盛り込もうとしている。そのため、何が言いたいのかが、見えてこないのである。いや、言いたいことは読む前からある程度予想はついているのだが、伝わってこない。これは、碩学を基礎に語っているのではなく、碩学そのものを披露してしまっているからだろう。(人のことは言えないが「秘するが花」である。)

 「復習」の部分を、もっと膨らまして、彼自身の言葉で語れば良い読み物になったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示