サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

電子書籍

「改革」はどこへ行った? みんなのレビュー

  • 竹中平蔵 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

民主栄えて、国めっちゃくちゃ

17人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の要諦は、つまり小泉改革にNOを突き付ける批判への反論である。民主党の知恵足らずはいつも判で押したように「小泉改革で国民の暮らしはよくなったのか。なりませんでしたね」などとほざく。経済には流れというものがあって、小泉改革の本当の大成果である不良債権処理を済ませていなかったら、今頃日本経済は沈没していた。これは竹中平蔵が実務においても超一流であるなによりの実績であろう。
 もっとも、郵政資金を外国へ垂れ流すという話も一時竹中には向けられていた。まあしかし、流す約束というか何らかのアメリカへの寄与の意思はあったかもしれないが、金をまさかアメリカへ贈与契約を結ぶわけではないわけで、持主はあくまで預金者である。である以上、郵政資金だって取締役らは忠実義務にしたがい処理しなければならない。つまり、そんなに心配することもなかったのかもしれない。
 さて、竹中氏はつまり改革が足りないから成果が止まったんだ、なのに民主党が改革を中断するのはとんでもないという。これはまさにその通り。
 国民は一体民主党の経済政策の一体なにをもって支持する要素と考えているのか。じつは、民主党には一切なんの経済政策もないのが真相である。嘘でも大げさでもない。まず、マニュフェストをみても、成長戦略が皆無なことはいうまでもない。そして、通貨政策もない。今の財務大臣はもうちょっとマシなのかと思っていたら、実は通貨の素人に近い。なにしろ、就任早々為替介入を根本から否定してしまった。これには、おそらく噴飯した方も多かろう。以後、何を言ってもだれも信じなくなり、結果本日の84円である。
 私は、円高政策というのは中期で誤りではないと思う。再三書評でも述べてきたのと変わりない。資源高や食糧、原材料高騰という観点と、日本の財政事情を見ればトレンドは絶対に円安である。だから、放っておけば円安になるはず。だが、今は深刻な(ゆるやかでないことは値下げ競争を見れば実感できるはず。)デフレである。デフレ化の通貨高は最悪だ。安い輸入品が入ってきてそれがますます値下げになる。今は、介入の時である。
 そして、何よりも最も最悪なのが、事業仕分けなのである。科学技術予算を根こそぎカットしたことは、将来の日本に禍根どころではない。おそらく、日本人がこの地球における存在のよりどころを失うことになるだろう。いま、日本の技術は総合的には世界一である。米国特許出願数をみるまでもなく、自動車家電スパコン衛星技術造船原子力発電所・・・つまり圧倒的に世界一なのだ。
 今回民主党の馬鹿は、とくにレンホウなどというまさかあそこまで愚かとは思わなんだ女が、大車輪の活躍で科学予算をカットした。技術に世界2はない。1しかないのである。1位だけが上流にいられる。そして、スパコンをはじめ、宇宙技術も、決してそれ自体だけが目的ではない。実は、最も重要なのがその製造過程で「人が育つ。思わぬ派生技術が育つ」ということなのだ。
 その予算を零にすれば、今度なんかを政府が思いついて、今は三菱重工とかそういうところに委託したりできるが、それもできなくなってしまう。技術がなくなれば、一時的な円高とかそういうのとははるかに次元の違う大不況というか、資源もない借金国である日本は本当に破産するしかない。
 竹中平蔵だったら、絶対にこんな愚かなことはしない。科学予算は最大の最高価値の成長戦略なのである。いま、福祉だなんだとばらまく予算の帳尻あわせのために、国そのものの崩壊を犠牲にしている。
 やはり民主党には政権などとても無理だ。ほかにも、夫婦別姓や外人への参政権付与(話は地方参政権だけではない。国政まで与えようと画策しているものがいることを忘れてはいけない。)本当に、国がめちゃめちゃになる前に、なんとしても民主党が政権から退場することを願うしかない。もし民主党にいれるつもりの人がいたら、それが何を意味するか、勉強不足としかいいようがない(極左政策の可否という色のついた政治的論点ではない。経済についてである)。そして日銀総裁は、やはり竹中しかいない。本書を読み、改めて在野に置くべきレベルの男ではないと感じるにいたった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。