サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍

レバレッジ・マネジメント みんなのレビュー

  • 本田直之 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

すべてのレバレッジはこの一冊に通ず

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「レバレッジ」シリーズでおなじみの、本田直之さんの渾身の一冊です。
 この本を書くために、今まで本田さんはシリーズを書き継いできたのかと思えるほどで、カエサル風に「すべてのレバレッジはこの一冊に通ず」と言いたくなるような本なのです。

 ここで、「レバレッジ」という考え方をもう一度おさらいしておきましょう。
 本書からの引用です。「レバレッジ」とは、「少ない労力で大きなリターンを継続的に生み出」(8頁)すことです。
 そして、それは経営のトップに近くなるほど、実践していかなければならない思考法だと考えていいと思います。
 この本は「経営者」「戦略」「営業」「ブランド」「仕組み」「組織」という六章でできています(すべてにレバレッジという言葉がつきます)が、それぞれ質問仕立てになっています。その最初の問いが「考える時間の余裕はあるか?」です。
 つまり、トップに近くなればなるほど「考える時間」を持つことが重要になってくるのです。
 多くの経営者はこのことを勘違いしてしまいます。
 トップだからこそ従業員の先頭に立って、誰よりも働くべきだと思ってしまうのです。
 それはある一面では正しいのですが、ある一面では間違っています。正しいというのは、誰よりも働くということでは正しいでしょう。しかし、経営者と従業員では働き方が違うという意味では正しくありません。
 本田さんはこのように書かれています。「自分にしかできない仕事、優秀な管理職に任せる仕事、一般社員にやってもらったほうがよい仕事に切り分けるのは、経営者に欠かせない能力といえるだろう」(24頁)と。

 経営者の重要な仕事のひとつに、会社の「舵取り」があります。
 おそらく普通の経営者であれば当然「舵取り」はしているでしょう。
 しかし、もしかすると「舵取り」とともに従業員の漕ぐ「櫂(かい)」を取り上げ、自ら漕ぎ出していないでしょうか。その方が手っ取り早いという意見もあるでしょうが、そこに大きな労力をかけても、生み出すものは小さなものでしかありません。
 「櫂」を漕ぐのは従業員に任せて、彼らが楽になる方策を考えるのが経営者の仕事なのです。

 この本はそのようなノウハウがぎっちり詰まっています。
 経営者、経営幹部はもちろん、ぜひ、経営者をめざす若い人にも読んでもらいたい一冊です。

 ◆この書評のこぼれ話はblog「ほん☆たす」で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示