サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

電子書籍

リーディング3.0 みんなのレビュー

  • 本田直之 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

進化するものに追いつくのは大変だ

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2010年春、多機能性携帯端末iPadが発売されて間もなく電車でさっそく使っている人を見て「うらやましいな」「かっこいいな」と思ったものだが、今はなんだか無理しているように見えてしまう。「無理してない?」と、つい聞いてみたくなる。それぐらいその形状はどうもまだまだのような気がしている。
 だから、4月に後継機のiPad2が発売されたのだが、ちっとも興味がわかなかった。
 それより、スマートフォンだ。やはり携帯端末であれば手のひらサイズがベターではないだろうか。

 本書はモバイルデバイス時代の読書術を説いたものだ。書名の『リーディング3.0』について、まず書きとめておくと、読書の第三世代ということかと思う。
 第一世代というのはごく普通の読書だ。読むということが主眼になっている。
 次の第二世代は、読書を効率的にし、そこで得た情報を活用しようとする本の読み方で、本田直之さんを一躍有名にした『レバレッジ・リーディング』はこの範疇にはいる。
 私自身は、『レバレッジ・リーディング』で提唱されている読書の方法をすべて肯定しているわけではない。むしろ、第一世代の読書の在り方にこだわりがあるといっていい。
 そして、その第二世代を進化させた第三世代、「リーディング3.0」は、「大きなリターンを取るために、読書という自己投資をする」という第二世代で説かれた考え方を持ちつつ、高度化した情報ツールを駆使し、より効率よく読書を行うということになる。
 つまり、「読書とテクノロジーの融合で」読書の効率化をあげるということだ。

 これは『レバレッジ・リーディング』でもそうなのだが、効率ばかりを追求することは本当に読書の在り方だろうか。非効率的なものを排斥することそのこと自体が本を読むこと、本から学ぶことから遠いところにあるような気がしてならない。
 ただテクノロジーの進化は早い。そのすべてを否定すべきではないし、その享受は若い世代だけでなく広く世代を超えてあるべきだろう。
 本田直之さんのこの本に書かれることをひとつに警鐘として受け止めている。
 本田さんはこう書いている。
 「常に学び続けてこそ、アドバンテージがとれるという大前提を理解したうえで、効率的にさまざまなサービスを使いこなしたいものです」
 納得の文章だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。