サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

「定期購読登録キャンペーン」(0713-31)

電子書籍

コーヒーとサンドイッチの法則 みんなのレビュー

  • 竹内正浩 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

儲からない事業は悪である。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブライアン - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むことはおススメしません。世の中の経済の様々な仕組みが分かってしまい、ただコーヒーを飲むだけでもいろいろ損得を勘定してしまうようになりますから(笑)


一生懸命働いているのに、生活は一向にラクにならない。。金融危機で売上げも給与もどんどん減っているのにどうしよう!じっと手を見るだけで何か変わるのでしょうか?そんなビジネスパーソンに対して、この本は1つの解を示しています。顧客の収益性を上げて、その顧客を維持できればビジネスは非常に安定します。そんなビジネス戦略が具体例を伴って体系的に紹介されている本です。


この本のメソッドは、むしろソーシャルベンチャーに必要な内容かもしれません。社会的に必要であるにも関わらず、ビジネスモデルがよくない、資金調達ができない、、といった理由で退場していく事業が多いのは、私たちの社会の損失なのですから。 幸いにも、著者の竹内さんはホームページを開設していて、そのノウハウを無料で提供しています。


あなたはどうして、コーヒーを売っているカフェでサンドイッチなどの軽食が売られているか、分かりますか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営の法則を豊富なデータと寓話から解説した本。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営の法則を豊富なデータと寓話から解説した本。

著者は竹内正浩さんという若いコンサルタント。

大企業の成功モデルの紹介という性格が強いため、経営書をある程度読んでいる人であれば知っている話が多いです。

マクドナルド
デル
スターバックス
東京ディズニーランド
リッツ・カールトン
ヒルトン
など

せっかく専門性の高いデータを示して解説しているのであれば、もう少しレベルを上げた方がよいです。したがって経営の初心者向けの本だと言えるでしょう。

しかし、寓話はひどい出来です。

言わんとしていることが、正直よく分かりません。

たぶん著者は一生懸命なのでしょうが、それが空回りしているのかもしれません。もう少し現場で経験を積んで、書籍からの知識だけではなく現場に則した知識で書いてくれればと思いました。

年に一回は、こういう本にあたります。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示