サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:続刊予約キャンペーン(0907-30)

電子書籍

スピリチュアル市場の研究 みんなのレビュー

  • 有元裕美子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

「スピリチュアル関連市場」について網羅的にカバーした調査レポートとしては労作

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代は、宗教の時代ではなく霊性(=スピリチュアリティ)の時代といわれるようになってから久しい。一方、TV霊能者に代表されるビジネスがらみの「スピリチュアル」が急拡大しているのは、ここ数年のことだ。

 本書は、いわゆる日本語のカタカナ語としての「スピリチュアル」に関連した、さまざまな分野に横断的に存在する市場を網羅的に取り上げて「スピリチュアル市場」と名付けた調査レポートである。だがむしろ「スピリチュアル関連市場」といったほうが中身を正確に表現したことになろう。

 著者の専門は、健康産業や統合医療関連分野の調査コンサルティングらしい。それが大きな理由だろうが、健康や医療分野と「スピリチュアル」が複合した分野にかんする分析は、ビジネスを考えるうえでもひじょうに面白い。それ以外は、占いなどのいわゆる「お手軽スピリチュアル関連市場」を中心にした分析なので、まあそんなもんかという感想をもつ。あくまでも付加価値コンテンツとしての「スピリチュアル」というわけだ。

 「スピリチュアル」は属人的要素のきわめて強いサービス業であり、それに付随してグッズの物販が存在する世界である。ニーズに応じて市場はきわめて細分化されている。あくまでも個人ビジネスの集合体であり、一大産業としてまとまった形で存在するわけではない。大企業が参入して成功する市場ではないことが、読むとよくわかる。

 そもそも「スピリチュアル」をうさんくさいと感じて遠ざけてきた人、ある特定の「スピリチュアル」分野には関心があっても全体像がわからない人、そういう人が読めば、とくにビジネスには関心がなくても、用語解説も充実しているので、ある一定の知識を得ることができるだろう。

 ただし、本書はあくまでも「スピリチュアル関連市場」にかんする読み物ととらえるべきだ。「真実」とタイトルにあるが、それは表現としては誇大である。せいぜい事実関係の「見取り図」というのにとどめておくべきだ。

 「スピリチュアル」そのものに客観的であろうとするあまり、知識の整理にとどまっているという印象がぬぐえないが、著者とその勤務先のシンクタンクによるオリジナルな調査も含めて、多種多様なデータや情報が手際よく整理されているので、調査レポートしては労作といってよい。

 欲をいえば、もっと供給側の状況について知りたいと思うのは、わたしだけではないはずだ。 今後の調査研究の充実を期待したい。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示