サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

頭は「本の読み方」で磨かれる みんなのレビュー

  • 茂木健一郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

茂木健一郎の読書論

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

頭のよくなる読書の方法の本ではありません。
茂木先生が、紹介したい本を織り交ぜながら、読書の重要性について論じている本です。
読書がいかに人生を豊かにするか。茂木先生の意見はそこにすべて集約されます。それを、世界の見方や、雑談力など、様々な切り口で語る本です。
紹介されている本は、名作ぞろいです。しかし、内容をしっかり紹介する形式ではなく、「この本は、僕にはこういうふうな影響を与えたよ」というような語り口です。
蔵書を見れば人がわかると言いますが、この本は、茂木先生の読書論を学びながら、茂木先生自身のことも垣間見ることができるような気がします。
茂木先生を少し近く感じられるようになる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

賢い本の読み方。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiromix - この投稿者のレビュー一覧を見る

これで賢くなるかは分からないけど子供に向けて発信してみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読書のきっかけづくり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Salony - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むまで夏目漱石がここまで推奨される人だとは思わなかった。ただ、いろんな本を読むことで多くの引き出しができる、それはすぐ出来るだけじゃなく、時間をかけて出来る時もある。地頭力や雑談力が付くし、IQが高かろうと低かろうと基盤は読書であり、乱読や積読は効果ある。読書、本は素晴らしい、熟知したマニア、オタクも仲間として受け入れ、自分の知識の一端としようなど自分だけでなく、友人の読書による知識の獲得も我がものにするなど読書から何が得られるか幅広い目線で解説している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

様々な書籍と出会える書籍。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMM - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、茂木氏の読書についての考えを記したものである。
読書のメリットについて、自身の体験と脳科学の観点、そして偉人の事例を用いて述べているため、説得力があるし、面白い。
本書を読んで特に良かったと思うのは、多様な書籍に出会えたからだ。古典や伝記、自伝、ノンフィクション、海外文学、自然科学など、幅広い分野の書籍が紹介されている。興味深いものが多数あった。これから芋づる式に読んでいこうと思う。
多くの書籍を手に取り、少しでも社会を俯瞰して見る力を養えればと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中途半端

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうも中途半端な印象。
まず題が合っていないと思う。
頭は「本の読み方」で磨かれる、というよりも
頭は本を読むことで磨かれる、という内容。
いわゆる読書論としては、本を読むのが当たり前の人間には特に目新しいものはない。
脳科学者としてマスコミで有名なこの著者が、
脳科学の知見を活かして何かしら読書に役立つことを言ってくれるのかと思っていたが、
どうもそんなこともない。
「読み方」についても書かれていないわけではないが、
体系だってもいないし、脳科学の素人が驚くようなものではないと思う。

ただ、自分の体験を交えて熱く語ってはいるので、
これまであまり読書の習慣がない人にはインパクトがあるかもしれない。
また読書の魅力なり効用について、
感覚ではわかっていてもなかなかここまで言葉にはできないと思うので、
そうした有用性はあると思う。

副題はあたかもブックガイドであるような印象を与えるが、
それにしてはこれまた中途半端だ。
読者のために包括的とか網羅的に考えてから選んだ本というよりは、
単に自分の印象深い本を並べているだけという感じがする。
それでもやはり熱心に語っているので、興味深いものも少なくないとは思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。