サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

12時 修正:20%OFFクーポン(0518-20)

電子書籍

男性不信 みんなのレビュー

  • 池松江美 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本男性不信

2008/04/01 21:50

人間関係は全て自分次第

30人中、22人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブスに厳しい男性に対する不満がタラタラと綴られている。確かに思い当たる節もある。男の悪いところは、美人には優しくブスには厳しいところにあるかもしれない。中にはそれが如実に出ている人もいるから困ったものだ。振り返って、男性同士の人間関係を見ていても、自分にとってメリットのある人間にはまともに接するが、何の役にも立たないいわば下位グループに属するような男に対してはほとんど相手にしないという現象は誰しも見てきたんではないだろうか。
 要するに、ブスだからとかいうよりも、人間として魅力がない者は、人間社会の中で下位に立たされることは何ら不思議ではなく、やむをえないことだ。みんな同じに扱って!と慨嘆してみた瞬間にいかに自分が馬鹿なことをいっているかわかるだろう。その総合評価のなかに、容姿も含まれることは言うまでもない。容姿も立派な才能である。だが、容姿にばかり気を取られれば、本質を見失い、痛い目を見るのはその人なのである。
 ブスだけは男におごってもらえないとか料金設定が高くなるとかいうが、自分という人間のレベルがその人にとってその程度ならそれは嘆いても仕方ない。もっと己を磨くべきだ。
 本書のえらいところは、そうした不満みたいな話を下らぬジェンダー論にまで貶めなかったところだ。まあ、これくらいなら不満ある者の支持は得られるだろう。しかし、たとえば虐められるデブと愛されるデブがいるように、その人の生き方一つで周囲はガラリと変わることに気付いてほしい。たとえブスでも、友達が多く明るいよく気のつく女性を誰が馬鹿にするものか。結局、周囲の扱いに不満があるものは、原因は全部自分にある。自分次第で周りは変わる。女性による「男性は・・」また男性による「女性は・・」というのは大体逃げである。ちなみに、美人にだけ優しい調子のいい男など素直でかわいいもので、ホントにもてる賢い男は、ブスにこそ優しくする。美人は優しくされることになれており、むしろマイナスなことさえある。本書に載っているような男は、ただの単純な馬鹿であるのは、男性の多くが感じることではないだろうか。少なくとも私などは、思い浮かぶ友人の顔からして、なるほどと思ってしまったが。
 男が女を尊敬しなくなったことが熟年離婚などの諸悪の根源だというが、むしろ逆で、明治大正昭和と順々に女性への尊敬は高くなっているだろう。戦争の時代は強さこそが尊敬の対象であり、女性の地位は絶対的に低くなる。
 要するに、社会学的には滅茶苦茶な話ばかりだが、強く共感を得る人もいるだろう。こういう本がもしかしたら売れるのかもしれないが、それで喜んでいるだけではただの自虐主義者で終わってしまう。男性の視点から見ても許せないバカな男の話もたくさん載っているが、返す刀で女性の方が・・と反論するのはバカバカしい。
 本書に出ているような男性たちは女性が相手にしなければよい。そして、本書のような馬鹿なことをいう女性も男性は相手にしなければよい。それ以外本書で実用的に得られる情報はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示