サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

艶母散華 息子の友人に犯されて みんなのレビュー

  • 空蝉 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本艶母散華 息子の友人に犯されて

2014/04/02 18:15

圧巻で強烈な二段階の寝取られに為す術無し

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

寝取られを題材にするところは2013年頃からのトレンドに乗った形なのかもしれないが、リアルドリーム文庫では以前より『熟母略奪-息子の前で犯されて』(著:筑摩十幸、2012年)や『継母強奪-私は義息に奪われた』(著:屋形宗慶、2011年)といったほぼ同系統の作品も出ているため、そうした四文字タイトルの略奪凌辱の流れにあるとも言えよう。そして、本作の寝取られ感は相当に強烈である。

【頼子】 気丈で凛としていながら家庭では世話好きな一面もある35歳の塾講師。夫は単身赴任中。
【優弥】 頼子の息子。真面目で心優しく成績も優秀な15歳の少年。
【マモル】頼子が勤める塾の生徒で優弥のクラスメイト。醜い顔立ちの根暗な少年。

優弥との母子相姦が無い本作は官能的に頼子とマモルの1対1の作品である。優弥を貶めるネタで迫ってくるマモルの歪んだ情欲に毛嫌いしつつも息子のためにと不承不承な関係を許していく中で次第に夫では得られなかった快楽と肉欲の虜となってしまう頼子の淫らな堕ち様がじっくり描かれている。そして、前半3章の流れは全て後半への布石である。本作は第四章からが本番とも言える。

半ば強要ながら家庭を置いてマモルの元へ赴くのが第四章では少し早過ぎないか?そもそも優弥を産んでから遠ざかっていたとはいえ肉欲的に堕ちる(堕ちかける)のが早くないか?とも感じたが、それもこれも第四章で判明する。マモル宅での6日間で、その初日と最終日を巧みに用い、所を変えて描かれる寝取られ演出は圧巻である。そうか、そうキタか……こ・れ・は、という為す術の無い寝取られを優弥と共に読み手も喰らいながら悶絶するしかなかろう。これがまた事の発端となった脅しのネタとも物理的に共通するため、マモルの趣向という意味でも作品を奥深くさせているオマケ付きである。NTRスキーな諸兄には「この“間接”技は利く」とお伝えしておく。実はこの第四章で頼子とマモルの初合体となるのだが、ここまで焦らしに焦らされてきた頼子の乱れっぷりが、同じく焦らされてきた読み手の興奮の解放と同調する演出の妙には唸るばかりである。

そして、これだけでは終わらないところが本作の凄みであり、すれ違いを見せ始めた頼子と優弥の、その間隙を突いてマモルが繰り出した「引き」の一手が最終的なトドメとなる。息子のためを拠りどころとしていた頼子の奥底に秘められた真実が突きつけられる心の逆転を描きながら、その最後の夜が頼子と優弥の最期でもあるというダイレクトな寝取られの第六章によって略奪が完遂されている。独善的ではあるが高圧的ではないマモルの狡猾な幼さがワルな真骨頂として滲み出たクライマックスは壮絶ですらある。先の寝取られ場面と同じく優弥より先に状況を知っている読み手が一足早く絶望感を味わってしまう巧みな演出がここでも発揮されており、その構成力には諸々の細かな因果関係や設定も含めて感嘆するしかない。

悲劇でもありハッピーとも見受けられる結末については好みが分かれるかもしれないし、何よりここに至るまでの老獪な企てと手慣れた性技を果たして15歳の少年が持ち得るのか?といった根本的な疑問が生じないこともないのだが、それらを瑣末に思わせる圧倒的かつ強烈な官能要素が本作をドス黒く彩っており、あるいは余分な要素として細かな部分は作者がオミットして緻密で秀逸な表現による官能描写に頁を割いた可能性も考えれば、最終的に作品としては素晴らしい仕上がりになったと言えるのではなかろうか。久し振りにくらくらする官能小説を読んだ思いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示