サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

契約のキス 大富豪と貴族令嬢 みんなのレビュー

  • 永谷圓さくら, すがはらりゅう
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

契約のキス 大富豪と貴族令嬢

電子書籍契約のキス 大富豪と貴族令嬢

2016/03/24 11:24

さらりと気持ちの良いお話。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

没落した男爵令嬢ジュリア。
母は病で寝込み、家は借金で困窮し、おおよそ貴族の令嬢とは思えぬ労働を強いられる毎日。
社交界デビューでさんざんな目にあわされ、社交界から遠ざかっていたが、寄宿学校時代の妹分の結婚を祝うために出向いたパーティで、大富豪のエリックに出会う。
後日、エリックから届いた、条件が書かれていない融資の手紙。
貴族嫌いだと噂されるエリックなのだから、爵位を目的とした結婚が条件ではないはず。
どんな汚れ仕事でもしようとの決意を胸に、エリックに会うために汽車に乗るジュリア。
「生きるためになんでもしてきたし、なんでもする」と言い切るジュリアに、エリックは、服を脱げと命じてきます。

ジュリアは20歳の設定ですが、もっと幼く感じます。
彼女は自己評価の低すぎるヒロインですが、ちゃんとその背景と根拠が感じられて、いわゆるTLのおばかさんなヒロインとの印象ではありません。
苦労している割に世間知らずなのは、使用人たちが一生懸命彼女を守っていたからなのでしょう。
なんだかんだ言って、素直で一生懸命な彼女は、愛されて大事にされてたんですね。
ストーリーも素直でストレートな、読んでる間も、読後感もさらりとして、気持ちの良いお話でした。
ひらがなで「えりっく」と呼んでみたり、エロ最中のジュリアの舌っ足らずな表現がちょっと気になったけれど、好みの問題もあるかなと、スルーできるくらいでした。
エリックも大人で優しく、エロもぴゅあっぴゅあした感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

契約のキス 大富豪と貴族令嬢

電子書籍契約のキス 大富豪と貴族令嬢

2014/03/19 08:43

無垢な乙女がおじ様によって花開いていく

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者さんはレビュータイトルに書いたコンセプトがお好きなようで、どの作品もこんなシチュエーションばかりです^^;
もっとも作中のヒロインの設定年齢は20才なので、ロリではないはずなのですが、言動や行動が幼く、お相手のヒーローが10才年上の30才でもう十分お「おじ様」な行動・言動に、ロリものを読んでいるような気持になりました。

お話は、落ちぶれた男爵家を立て直そうと、一人残ってくれた執事と一緒に男爵令嬢のヒロインは母の看病や、本来メイドの仕事に薪割りや厩の掃除、必要とあらばなんでもして精いっぱいその日その日を生きていた。そんな時、親友から結婚式の招待状が届く。一目会って祝福を述べたくて、ヒロインにとっては恐怖と嫌悪の対象でしかないパーティーへと出席するのだった。そこで、運命の出会合いが待っているとも知らずに。
パーティーから戻ると何故か、もうどうしようもない経済状態の男爵家に融資を申し出る手紙が。送り主はパーティーで初めてのダンスを踊ってもらったあの紳士だった。ヒロインは融資の条件を確認し、どんな辛いことでもやり抜こうという強い気持ちを胸に秘め、故郷を後にし紳士が待つ都会へと旅だつのだった。そこでヒロインを待ち受けていたものは----。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示