サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

電子書籍

シンデレラ・クルーズ【イラスト付】 みんなのレビュー

  • 仁賀奈 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

【期間限定価格】シンデレラ・クルーズ【イラスト付】

甘さが前面に出たロマンチック仕様。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

甘さを補給したくて読んだ、仁賀奈初期作品。
初期だけあって、そんなに飛ばしてないので、甘さが前面に出たロマンチック仕様です。

リリアは父侯爵の死後、義理の母と姉に虐げられていた。
義母たちの散財で、財産を使い果たしてしまった侯爵家に来た大富豪ダルトンからの縁談に、姉イザベルが嬉々として婚約するが、侯爵位を継げるのは父の血を引いたリリアの子だけとわかり、突然リリアが嫁ぐことになる。
冷酷だと噂のダルトンに怯えながら、彼に会うために豪華客船に乗り込み、そこで出会った優しく男らしいエディに理想の王子様を重ねるリリア。
しかし、エディがダルトンその人だった。

爵位がないことに強烈なコンプレックスを持つエディは、リリアが平民の自分が嫌で逃げ回っていたのだと思い込み、爵位を持った友人のサイラスに嫉妬したりで、身体だけでも征服しようと、彼女にいろいろ無体を働きます。
愛し合ってるのにすれ違い、すれ違ってるのにエロに励む、思い込みの激しい二人の仁賀奈さまお得意の王道パターン。
作品全体、猫を被ってる感じで、エロもわりとノーブル。
いつもの仁賀奈から灰汁を抜いた感じで、こんなのも書けるんじゃな~い、と思うと、なんだか楽しかったです。
さらりと★3つにならず、1つ増えた理由は、キス。
心の伴わない結婚をするリリアを憐れんだエディは、よせばいいのにやせ我慢して、最初に、身体はもらうがキスだけはしないでおいてやる、とうそぶいてしまいます。
すれ違いながら愛し合う二人だから、行為の度に本当はお互いキスを求めたい。でもできない。
濃密なエロシーンの中に、お互いキスを求めて堪える描写がピュアで、それでいてとてもエロチックで、きゅーんときました。
定番の中にもこゆのがあるとね。
こゆのを求めてこのジャンルを読むのですから。
流石仁賀奈さま。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】シンデレラ・クルーズ【イラスト付】

すれ違いがちょっと長い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

すれ違い・勘違いはアルアルで、誤解が解けたらラブラブのハッピーエンドはよくある流れですが、ちょっとすれ違い長くてイライラしました。

肉欲に翻弄されたり、好きなのにーーーっていう切なさはとても良いのに、すれ違い長すぎて「あーーーもうっっ」ってなる笑

誤解が解けてラブいのをたっぷり見たい身としてはちょっとすれ違いが長すぎ(引っ張り過ぎ)て残念でした。

仁賀奈さんの作品はラブいし、愛される系作品多いから好きなんですけど、ちょっと残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シンデレラ・クルーズ

紙の本シンデレラ・クルーズ

2016/09/24 20:07

卑屈ヒーロー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラクターの設定自体に難があると思う。2代目とはいえ身分がないのに事業で財をなしたという割に、他者の声に耳を傾けず人を見る目もなく、狭量で卑屈でいったいどうやって成り上がったのか不思議なほど。嫉妬深さの方向性も、執拗で粘着質な上好きなはずの相手を攻撃する一歩間違えればストーカー殺人に走るタイプで、「愛故に」で許されるレベルではない。出会いの数時間と最後以外は、延々とヒロインを傷つけ続けるので、読んで幸せ感が薄い。こういうのちょっと苦手です。同じ世界の話として『シンデレラ・ブライダル』という作品もあるのですが、そっちの方が好きかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】シンデレラ・クルーズ

ヒロインのどこが頑張っているのか分からない

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リリアは16歳になったばかりなのに見たことも無い義姉の婚約者と結婚しなくてはならなくなった。
 それもこれも、亡くなった父カーライル侯爵の財産を義母と義姉が散財し借金まで抱えることとなり、その借金を肩代わりしてくれた平民だが大金持ちのエドワルドがその代償に爵位を買うための結婚を提示したからだった。
 大金持ちとの結婚を義姉は喜んでいたが、侯爵位を継げるのは実子のリリアだけであることがばれ、エドワルドは婚約者の変更を命じたのだった。
 リリアは決心もつかないまま、エドワルドの待つ豪華客船に乗り込むのだが、直前になって怖気づき船をうろついていた。その時偶然出会った優しい紳士が、実は冷酷非情と噂されるエドワルドだった。
 リリアは、大好きな童話の王子様のようだと思ったのだが----。

 義母と義姉の散財で家屋敷も無くなってしまうと路頭に迷うことは分かりますが、義母・義姉のために爵位目当ての男と結婚させられるのを受け入れてしまうヒロインの主体性の無さにがっかりです。
 エドワルドに正体がばれた後も、エドワルドにずるずる引きずられているようで、主体性の無いヒロインはイマイチでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示