サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

電子書籍

華宮 愛慾の供物【イラスト付】 みんなのレビュー

  • 七里瑠美, Ciel
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

華宮 愛慾の供物【イラスト付】

電子書籍華宮 愛慾の供物【イラスト付】

2015/09/08 12:07

心本位で良い作品でしたが(寝たバレありです)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

3Pもの。
神託より、二人の王子と同時に閨を共にする立場になる、ヒロイン晶蘭の心の動きを描きます。
トキメキと揺れ動く恋情を楽しめる、素敵な作品です。
どうして自分がさんぴが嫌いなのかが、発見できた作品でした。

複数プレイものはあまり好きではありません。
でも、評価が高かったのと、ウエブサイトに掲載されたものをチラ読みして、これならいけるかな、と購入して読みました。

Cielさんの絵が素敵。

強引で俺様、包容力抜群な兄王子龍瞬。
穏やかで知的で優しい弟王子寿峰。
どちらもとっても魅力的なのですが、その間で揺らぐヒロイン、晶蘭の心の描き方が丁寧で切なくなります。
この作品は、それにつきるでしょう。

出会いは寿峰の方が先だった。
けれども、寿峰に恋情を抱く前に、太陽のように強引な龍舜に出会い、惹かれ、求められ、あっという間に愛しあってしまう。
けれどももし、先に寿峰と深く知り合っていたなら?
寿峰、晶蘭共に、同じような気持ちを抱いて揺れ動く心を描き、もしかして気持ちは、独占欲が強い龍瞬より寿峰に動くのか? とか期待させられます。

閨のシーンも同じくです。
元々自分の后でベタ惚れしていた晶蘭を、神託とはいえ、弟と一緒でなくては抱けなくなってしまった龍瞬は、「心は寿峰に渡すな」と晶蘭に言い渡し、独占欲丸出しで激しく彼女を抱きます。
寿峰はと言えば、龍瞬に遠慮して、大事に大事に彼女を抱きます。
でも、晶蘭を愛しているのがその行為からありありとわかり、かえってドキドキさせられます。
寿峰の心を感じる晶蘭は、龍瞬への気持ちとの板挟みになり、寿峰も愛している自分を知って、揺れ動きます。

ここから寝たバレ的になりますが。
龍瞬が、晶蘭が寿峰に心を渡すことを認め、三人で仲良く行為に及ぶシーンがあります。
その瞬間、あ、やっぱさんぴっていやだな、と思ってしまいました。
それまでは、大事に、激しく求めていた晶蘭の体。
それは、愛する晶蘭そのものだったはずなのに、その瞬間「モノ」になったと感じてしまいました。
自分だけの大切な「存在」だったのが、弟と仲良く分け合うモノになった。
ドキドキしながら読んでいたエロシーンでしたが、さーっと冷めてしまいました。
ハッピーエンドなはずなのにね。
抱かれている晶蘭は満足そうだったので、まあ、良いのですが。

とあれ、どうして自分がさんぴが嫌いなのかが、よくわかった作品でした。
作品自体は、ドキドキと揺れ動く恋情を楽しめる、素敵な作品です。
エロは濃厚ですが、必要十分に盛り込まれて、ドキドキです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

華宮 愛慾の供物

紙の本華宮 愛慾の供物

2016/03/09 18:52

飽きない。

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度読んでも飽きないです。
3Pものですが、ラブいし、良くある

後宮に入ることになったけど、本当に好きになったのは皇弟の方で、でも召されたのは皇兄で・・・

とかじゃなく、ちゃんと皇太子の兄とラブになって、神后になって、弟を受け入れることになったけど、元々好ましい心の気持ちよい人だったからまとめて愛せるようになった!という非常に読んでいても気持ちよいし、良い作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示