サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

王室審問官は若奥様を淫らに翻弄する【イラスト付】 みんなのレビュー

  • 青砥あか, 坂本あきら
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

王室審問官は若奥様を淫らに翻弄する【イラスト付】

ラストシーンにきゅんときます。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

きゅん度は高めだけど、読み進んでる間は、なんだかもやもやする。
あんあん多め。
でもミステリ風味。
読後はもやもやも解消。
という感じで、青砥あかさんらしい作品でした。
★3つ? いや、構成から考えると4つ。
でも気持ちは3つ…かな。

ベルンシュタイン王国の歴代の王は多情で多産。
そこで生まれた機関が、王室審問官。
王の血を引いているかを審査し、裏の顔として、王の隠密の役割も担う。
その当代の長官オスカーと、結婚することになった、第一王女ユリアーネ。
昔から、ユリアーネはオスカーをなぜか苦手としていた。
苦手な相手と結婚することになったけれども、義務感の強いユリアーネは、第一王女の務めを果たそうとする。
するりと彼女の懐に滑り込んできて、抵抗を解いていくオスカーのことを憎からず思うようになるけれど、つきまとう違和感に悩まされ続ける。
やがて彼女の命が何者かに狙われるようになり、封印された過去の秘密が明らかに…

容姿も美しく心映えの良い、ユリアーネは、できすぎちゃんなヒロインのようですが、自ら考えて動くタイプなので、嫌味を感じません。
事件を孕みながら絡まっていく二人の関係、オスカーがユリアーネを思う気持ちも濃厚できゅんときます。
ただ、ちょっとそれは無防備すぎるでしょう、というような関係の始まり方で、そのへんがちょっと違和感が。
無駄な尺が長いというか、物語の流れにちょっと間延びしている部分があって、そこはちょっと退屈になってしまいましたが、謎解きに差しかかってからは、勢いが出てぐんぐん読ませてくれました。
ラストシーンがちょっと切なく、きゅんときます。

ユリアーネを溺愛する3人の兄王子のお話とか、もっと読みたかったナーと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する