サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

OP 全商品10%OFFクーポン(~9/21)

電子書籍

皇宮 みんなのレビュー

  • 剛しいら (著), 早瀬あきら
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

華の皇宮物語 皇太子の初恋

電子書籍華の皇宮物語 皇太子の初恋

2017/02/13 16:10

華の皇宮シリーズ 面白いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sara - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズは後宮のドロドロとした人間模様がそれぞれの切り口から描かれています。
それが重苦しいだけにならないのは、主人公が皆、自分をしっかり持っていて魅力的だし、ヒーローが皇帝ながら、主人公だけに素を晒して熱愛し、二人で乗り越えていくところがスカッとします。
特にこの巻のストーリーが面白いです。
初めて同士のうぶな二人が戸惑いながら相手を求めあっていくところと、悪役のげぜんのような男とその女が欲まみれに皇子に絡んでいくところは対比的で二重の面白みがあります。
この作家さんはBLが中心で、最近はTLで見かけないのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

華の皇宮物語

電子書籍華の皇宮物語

2015/11/18 23:48

まずストーリーが良し。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

耀爛国の後宮には、毎年5人の新后が迎えられる。
全県から選りすぐった美姫を首都南爛に集め、その中から后を選ぶ習わしだ。
県総督の家督を継ぐために、男として育てられた香蓮は、后候補だった妹が他の男の子どもを身ごもってしまったため、突然后候補の1人として立てられ、許嫁の桃花と共に、南爛に向かうことになる。
香蓮達を首都に連れ帰る役割の白勇波は、先々帝の皇子。
最初少年として出会った香蓮が后候補の1人として現れたのに驚くが、香蓮の、聡明で真っ直ぐな気質と、飾らない美しさに惹かれていく。

複雑な後宮制度を、すぱっとわかりやすくストーリーに絡めて書く筆力と手腕はお見事。
気がついたらすっかり作品世界にのめり込んでいました。
BLでは評価の高い剛しいらさん。
男として育てられていたので、時々男らしくなってしまう香蓮。
しかし、BL臭くなることはなく、男、女ではない、香蓮としての気質の爽やかさ、行動理念がきちんと矛盾なく描かれていて、香蓮は、とても魅力的なヒロインでした。
白勇波も、男らしくて真面目で誠実、絵に描いたようなヒーロー。
解決策がパパがかり、ってところにちょっとがっかりしましたが、まあ、大人な解決方法だな、ってことでそれも良しです。
新皇帝も、なかなかに興味深い感じ。
もっと彼のお話を読みたいです。

まずストーリーありきで、甘すぎない乙女系ラブロマンスとして、きちんとできあがった作品。
エロはほほえましくささやかなので、過大な期待はしないように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示