サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ブラック・ジャックになりたくて 形成外科医26の物語

形成外科とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pu- - この投稿者のレビュー一覧を見る

 形成外科なんて、傷口の修復だけをする仕事なのではないのかと思っていた私ですが、この本を読んでイメージががらりと変りました。形成外科とは外的要因や先天的な言葉は悪いけれど異常を直す仕事です。他の人から見たらたいした事のない些細な傷も、命と引換に失った胸も、当事者には大きなコンプレックスとなりえます。それを本来の姿に近づけるだけでなく、精神的治療までを施してしまうのが形成外科医の仕事なのだということを、始めて知りました。
著者と患者とのやりとりに思わず涙する場面も多くありました。笑える部分も多くありました。生身の形成外科医を身近に感じられ、理解できる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブラック・ジャックになりたくて 形成外科医26の物語

2002/03/24朝刊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 形成外科医の著者が、体験をもとに形成外科医療の内情をつづった。美容整形に始まり、乳がん手術で失った乳房の再建、若気の至りで彫った入れ墨の除去など、切実な悩みを抱えて日々多くの患者が訪れる。著者はこうした訴えに誠実に耳を傾け、信頼関係を築いたうえで治療に臨む。患者を励まし人生を豊かにするという医療の本質が伝わってくる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示