サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

議論のレッスン 生活人新書セレクション みんなのレビュー

  • 福沢一吉 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

議論のレッスン

紙の本議論のレッスン

2002/04/16 10:45

議論にもルールがある!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saM - この投稿者のレビュー一覧を見る

知的で楽しい議論の世界へ、一歩踏み出すための入門書である。かみ合わない議論、すっきりしない理屈、納得のゆかぬままねじ伏せられた会議……。こんな経験に泣いたことのある人は、いますぐ本書を読もう! 論理的な議論の構造が分かりやすく解説され、テンポのいい文章ですらすら読める。そして、議論スキルを手に入れた瞬間から、会社の会議が、国会中継やテレビ討論会が、新聞のコラムが驚くほどよく見えてくる。「世の中の多くの議論がはらんでいる問題点に気付くことは、同時に、自分自身のものの見方、考え方を再発見することにもつながるはずである」という著者の言葉に、読み終わって納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

議論のレッスン

紙の本議論のレッスン

2008/12/23 22:51

根拠と論拠

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちまたで好評だからといって、良書であるとはかぎらない。本書については好評であるとの話を聞いた。そして、読んでみて評判にたがわないなと思った1冊だ。

対象は初心者向けで、ていねいな説明でわかりやすい。あまり概念を詰めこまずに、シンプルに構成している。ここで自分には関係ないやと思った方でも、トゥールミンの議論モデルをご存じなかったら読む価値はあると思う。

議論にもルールがある。そのルールとは、議論スキルを満たしたうえで議論を進行させることだ。ところが著者によれば、政治家・ジャーナリスト・大学教員のなかにも、議論のスキルに欠けた人がいるという。これらの人たちは、「議論して生活の糧を得ている」ようなところがある以上、当然のこととして議論のスキルをもっていてほしいにもかかわらずだ。
また、日本人の多くが、学校教育で議論について学んでこなかったのではないかと指摘する。

著者は、政治家・ジャーナリスト・大学教員はもちろん、それ以外の人びとにも、議論スキルを身につけて、議論につよくなることをすすめている。そうなることで、誰かと議論するときや、他人の議論を冷静に分析することに役立つからである。

本書の中心になるのが、トゥールミンの議論モデルの基礎的解説とその応用だ。議論の主役になるのが、主張・根拠・論拠の三要素だ。

根拠=ある言動の理由や考えの基盤となるもの。よりどころ。
論拠=議論の根拠となる事柄。議論のよりどころ。
(学研国語大辞典より)

根拠と論拠の違いであるが、辞書を引くとだいたい同じような意味あいで説明されている。実地での使用例も、はっきりと区別しているように思えないものをみかける。かくなる私も、本書を読んだあと忘れてしまってテキトーに使ったことがある(忘れっぽいもので・・・トホホ)。

トゥールミンの議論モデルによると、論拠は根拠の一種ではあるのだが、議論において、ほとんどのばあい表にはでてこない「隠れた根拠」である。著者は、「暗黙の仮定」とも呼んでいる。
こうもいっている。「主張は根拠を背景とし、さらに論拠(理由づけ)を介して導かれる」と。これが論証プロセスだ。主張の正当性は、論証プロセスの正しさに依存している。論拠が根拠と主張を結合させるのであるから、論拠は議論の根幹といっても言いすぎではないぐらい重要なものである。

さらに、三つの名脇役が登場し議論スキルが豊かになっていく。くわしくは読んでいただきたい。
練習問題もついている。

最後に著者は、議論のルールを段階別にしてすみわけを提唱するが、なるほどと思った。

議論レベル1=日常の議論 「論拠を明示しないでも問題にならないような日常の議論」
議論レベル2=公の場での議論 「必要に応じて論拠内容を確認することが前提となるような議論」
議論レベル3=科学的議論 「はじめから論拠の内容が明示されていないと議論が開始できないような議論」

もちろん、本書がターゲットにしているのは、議論レベル2になる。

余談で締めると、これに「議論レベル4=哲学的議論」をつけ加えたくなった。口の悪い人にいわせると「蒟蒻問答」ということになるらしいが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

議論のレッスン

紙の本議論のレッスン

2017/03/19 16:48

論理的な議論のルールを身につけることは、社会人としての最低限のマナーです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とある地方の公務員 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「議論とはそもそもなんであり、その議論を分かりやすくするためにはどんな予備知識が必要なのか」を分かりやすく解説しています。
 職場などで会議や打合せをすると、本書で解説される、議論を構成する基本的な要素である主張(=自分が言いたいこと)、根拠(=主張の裏づけ)、論拠=言いたいことの理由)、とくに根拠や論拠が欠けて感情的・一方的な発言となっている、などの状況に遭遇することがよくあります。
 こうした状況を繰り返さないように、「今すぐこの本で論理的な議論のルールを身につけましょう!」
 ただし、「『論拠』の発見」(中級編)の「論拠と『やはり』の潜在パワー」の部分は、大学入試の国語レベルの難解さです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示