サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全商品20%OFFクーポン(0922-24)

電子書籍

ボトムレス みんなのレビュー

  • 拓未司 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ボトムレス

紙の本ボトムレス

2011/10/27 19:24

死ぬほど旨い料理を食べて死んだら本望?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

死ぬほど旨い料理が食べられるという都市伝説のような
噂のある「ホール」というレストラン。
その噂に引き寄せられて、さまざまな人が訪れます。

辛口批評が好評なグルメ評論家。
腕には自信があるものの、お客の入りが今ひとつのシェフ。
フードファイターとして自立したいフリーター。
ネタ探しに必死の週刊誌の編集者。
ロハスにこだわる主婦とOL。

「死ぬほど旨い料理」はメニューに載っておらず
ふらふらと現れる老ウエイターが噂を否定します。
そして「当店にございますのは、食べると、
死ぬかもしれない料理でございます」

お客に合わせて供される料理を食べ
グルメ評論家の上原洋一郎が死亡します。

そのアシスタントの武田奈美と
洋一郎がコラムを書いていた週刊誌の
担当編集者水木正弘が
そのレストランの謎に迫るミステリー。

もう一人、二十数年前にある犯罪を犯した
定年退職した葛西信之の謎も
ホールにかかわることで
こちらもホールの不気味さに迫ります。

グルメミステリー作家として、なにか剥けた雰囲気。
死ぬほど旨い料理や、それを食べた後の不気味さは
デビュー作『禁断のパンダ』のイヤーな感じを彷彿とさせつつも
その上をいく。怖いもの見たさで読んでしまう。
ホラーテイストの味付けも見事。

「食」という誰もが興味のある題材を
こんなふうに料理できるのか、と感心しました。

おいしい料理を供するだけではない
グルメミステリー作家をこれからも読んでいきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示