サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

修正:全商品20%OFFクーポン(1020-22)

電子書籍

ひとりの午後に みんなのレビュー

  • 上野千鶴子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ひとりの午後に

紙の本ひとりの午後に

2010/11/09 08:17

ひとりを恐れない

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文章はリズムだ。
 社会学者上野千鶴子さんのエッセイ集であるこの本を読むと、そういうことを痛感する。リズムがいいから、文章を読んでいて、とても心地いい。
 本を読むということは、そのテクストの内容に感情を左右されるものだが、いい文章を味わうだけでも吸う空気がちがうように感じる。
 森林浴にいう言葉があるなら、読書浴という言い方があってもいい。

 この本に収められたエッセイのほとんどはNHKの「おしゃれ工房」という雑誌に掲載されたものだ。上野千鶴子さんと「おしゃれ工房」が似合うかどうかは別にして、著者自身「おしゃれ工房」という雑誌を知らなかったくらいである。
 あるいは、「おしゃれ工房」の読者も上野千鶴子さんを知らなかったかもしれない。それでいて、これだけのエッセイを書くのであるから、上野千鶴子さんはすごい。きっと「おしゃれ工房」の読者にとっても、いい生き方の「おしゃれ」ができたのではないだろうか。

 エッセイは「思いだすこと」「好きなもの」「年齢を重ねて」「ひとりのいま」といった四つの章でまとめられている。
 上野さん自身が「おひとりさま」の生き方を推奨しているのでそのことに少しふれておくと、上野さんは「ひとはひとりでは生まれないが、しだいにひとりになっていく。配偶者を失い、子どもが自立し、孫たちもおとなになっていく」「いつかは必ずひとりになる」(「読者」)と書く。
 そして、「ひとりでいることが基本なら、ひとりは苦しくも楽しくもない。たんにあたりまえなだけである」としている。
 そういう上野千鶴子という人は特別強いのだろうか。私には、そういうひとりの生活で、こういうエッセイを読めたら、なんともいえず幸福なように思えて仕方がない。

 上野さんは「あとがき」の最後に、「ひとりの午後」は「日射しが翳るまで生きてきた者に与えられるご褒美のような、人生の味わい」と書く。
 ひとりになることを恐れない。なぜなら、「人生の味わい」はそこにもあるのだから。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示