サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

残響―中原中也の詩によせる言葉 みんなのレビュー

  • 中原中也 (著), 町田康 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

残響 中原中也の詩によせる言葉 machidakou sings nakaharachuya

鬼才が重なるとき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

中原中也の詩に町田康が文章を寄せている。「詩人はつらい」に込められた創作の苦しみは、現代につながるものがあるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残響 中原中也の詩によせる言葉 machidakou sings nakaharachuya

詩の選択あやまたずといえども、君の感想文は愚劣そのもの

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る



夭折の天才詩人、中原中也に詩にことよせてパンク音楽文芸家が短いコントを添付している書物だ。

その安直な発想と投げやりな編集のあり方に激怒したおらっちは、思わず本書を虫干し中のCDだらけの狭い書斎に投げ出そうとしたが、待て待て捨てる神あれば拾う神もある。

中也の詩編を再読するだけでも真夏の真昼の快楽ではないかと考えなおし、はらはらとページをはぐれば、でてくるは出てきたは珠玉の詩歌のありがたき言の葉の数々。まずはゆるりとご唱和あれ。

―雨が、降るぞえ、雨が、降る。今宵は、雨が、降るぞえな。

―チョンザイチョンザイオイーフービー 俺は愁しいのだよ。

―僕は知ってる煙が立つ 三原山には煙が立つ

―私はもう歌なぞ歌はない 誰が歌なぞ歌ふものか
 みんな歌なぞ聴いてはゐない 聴いているやうなふりだけはする

―テンピにかけて焼いたろか あんなヘナチョコ詩人の詩

―マグデブルグの半球よ! おおレトルトよ! われ星に甘え、われ太陽に傲岸ならん時、汝等ぞ、讃ふべきわが従者!

―袖の降り合ひ他生の縁 僕事、気違ひには御座候へども 格別害も致し申さず候間

―いとしい者の上に風が吹き 私の上にも風が吹いた

―ああ神よ、私が先づ、自分自身であれるやう 日光と仕事とをお与へ下さい!

―俺はおもちやで遊ぶぞ 一生懸命おもちやで遊ぶぞ


 さすがに詩の選択あやまたずといえども、君の感想文は愚劣そのものだ。


わが泉ひとつ涸れたる白露かな 蝶人

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示