サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

日本霊性論 みんなのレビュー

  • 内田樹(著), 釈徹宗(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

日本霊性論

紙の本日本霊性論

2014/09/28 14:41

宗教的知性を磨く教養の一冊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やびー - この投稿者のレビュー一覧を見る

二部構成からなり、第一部を内田氏による講義の収録。第二部を釈氏による「日本的霊性」から読み解く、人類のスピリチュアリティーと宗教的人格についての考察。

 霊性と言う「語り得ないもの」を、内田氏なりの言葉で語ろうとする為に抽象的な表現や例えをだして解説する。その事がかえって、内容にリアリティを持たせ、話しの中に引きずり込まれる感覚を読書をしながら覚える。

 氏の講義内容のなかで、人間集団が生き延びる為には四つの柱がある。裁き、学び、癒し、祈りだと解く。
古代史に見れば政治とは祭政一致が基本であり、神へ「祈り」、神の言葉を伝えきれる者が王となり指導者となった。
 日本史の中世を見ても、幕府の成立と役割とは領地の安堵と「裁き」を行う機関であった。
 制度を存続し継続させるシステムとして「学び」とは基本であり、近代の歴史を見ても教育、教養が国力増強の為に必須といえた。
医療と軍事は裏表の関係であり、戦争の歴史が「癒し」と言う医療を発展させてきた。医の字に「矢」が含まれているのが何よりそれを物語る。

 自分なりに感じた本著の内容を「歴史」を補助線として引くと、ふに落ちる事ばかりであった。
 内田氏が語り足りない部分を補足する釈氏の説明が説得力を増すだろう。 現代が無くしかけている「霊性」と言う宗教的知性を得る教養の一冊となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

日本霊性論

電子書籍日本霊性論

2016/03/10 12:40

凄い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タロウとハナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて、身体が熱くなりました。出来るだけ多くの人に読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示