サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

スピノザ 「無神論者」は宗教を肯定できるか みんなのレビュー

  • 上野修(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

スピノザ 「無神論者」は宗教を肯定できるか

スピノザは無神論者か?

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なかなか理解しようとしても難しいスピノザ。その中でも難解といわれる「神学・政治論」を中心にスピノザの宗教・政治への対応を説明した解説書である。
 スピノザが無神論者?「エチカ」を読みはじめるとほどなく「神の定義」が現れ、その絶対、無限が語られることから考えればとても無神論者とは思えない。しかし「神学・政治論」は教会からは無神論といわれて禁書になった。「エチカ」執筆を一時中断してまでも書かれた一冊であり、理性を重んじるデカルト派にも疎まれたという「神学・政治論」はなかなか不可思議な書物であり、スピノザの理解を難しくしている。
 著者の説明はわかりやすい。誰もが感じそうな疑問から始め、原著を引用しながら説明をしてくれる。
 そもそもスピノザの「神」はキリスト教の神とはかなり異なる。一神教に親しんだ西洋の人々にとっては「神」であるとは認めがたいものだったであろう。その意味では彼は異教徒だったかもしれないし、「無神論」ととられてもしかたなかったかもしれない。しかし、スピノザの書いたものを読む限り、スピノザは多分誰よりも「絶対の存在=神」を必要としていたと思う。ただその「神」がすこしばかりではなく、随分とことなる神だっただけで。だから、著者が「はじめに」に書いたとおり、「極東のわれわれのほうが理解するには都合がよいかもしれない。」というのはあたっているかもしれない。
 スピノザは彼の生きた社会の人々のような形で神を信じていたわけではなかった。論理的に「神は存在しなければならない」との結論に達していたのだ。自分は「宗教」として神を信じてはいなかったが、「宗教」の存在意義は認める、という形で宗教を肯定したスピノザ。多分そういうことだったのだろう。

 著者は「スピノザの世界」という書を、ほぼ同時期に出版している。こちらはおもに「エチカ」を扱っている。ともに100ページほどの短いものであるが、どちらもスピノザをよく理解させてくれる書になっている。あとがきに、前著(「スピノザの世界」)で書ききれなかったスピノザを書いたとあるので、まず「スピノザの世界」を読み、こちらを読むのがよいと思う。2冊あわせると著者の書きたかったスピノザがよりはっきり見えてくる。そこからさらに原著にあたれば自分なりの理解ができると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示