サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

電子書籍

レヴィナス 何のために生きるのか みんなのレビュー

  • 小泉義之(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

レヴィナス 何のために生きるのか

他者のための食べ物としての肉体

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 レヴィナスは人間を神の家畜と考えていた。この凄まじい人間認識を真正面から受け止めるため、『全体性と無限』を〈繁殖〉で終わるべき書物として読み抜くことを目指したのが本書だ。著者はあとがきにそう書いている。

 レヴィナスは、さまざまな道徳的経験の下に「人間の根源的な事実」が横たわっていることを指摘した。それは「私が他人を食べ物としないという事実、あるいは、私が食べ物としないものが他人であるという事実」である。倫理にはこの事実以上の根拠や基礎付けは不要である。レヴィナスの倫理の核心は、「自分のために生きることが、肉体の次元においては、また、労働の次元においては、他者のために生きることにもなってしまっている」ところから一切の事柄を考え直すことにある。「肉体の次元」とは、私が身体的主体(認識主観・行為主観)として能動的活動を行うことではなく、他者のための食べ物になりうる肉体を私が養い維持することだ。そして「労働」とは、肉体の代わりに贈与できるものを生産する営みのことである。

 他者のため、人類のために生きる。とはいえ、私は死ぬ。私やあなたは無に帰する。しかし、人間は無に帰さない。ここで働いているのが生殖である。馬が馬を生むように、人間を生むのは人間であって神ではない。人間が死ぬのは、人間が新たに人生を始めるものを生むからである。肉体の愛において、愛はその肉体を食べようとするわけではない。愛撫を通じて、愛する者は未だ存在しない「崇高な食べ物」を、未だ存在しない肉体を求めている。愛撫される肉体には、やがて消滅するものの死の影だけではなく、未だ存在しないものも宿っているのだ。「死にゆくはずの肉体に触れながら、他者のために生きるとはいかなることかが問われている」。

 ──従来の哲学と倫理学は、人間が人間を生むということについて、重く深く考えることをしてこなかった。「繁殖性を存在論的カテゴリーに昇格させなければならない」。小泉氏はレヴィナスのこの問題提起を真っ正面から受け止めようとする。「繁殖性を受肉の意味として受け止めながら生きて死んでゆく」次元において、何のために生きるのかという問いに対する答えが「来るべき他者のために生きて死ぬ」であるとして、では「来るべき他者」とは何か。レヴィナスの思索の限界が、その祖述に徹した本書の限界だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示