サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

恋愛詩集 みんなのレビュー

  • 小池昌代(編著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

恋愛詩集

紙の本恋愛詩集

2016/06/18 05:38

アンソロジーを読む楽しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

詩人小池昌代さんによる詩のアンソロジー。同じような試みは同じ新書から『通勤電車で読む詩集』として出ているが、今回はタイトルのとおり恋愛詩を集めてものだから興味をひく読者も多いだろう。
 アンソロジーというのは異なる作家の、ここでは詩人だが、作品を選んで編まれたものだが、語源は花束という意味らしい。出来合いの花束ではなく自分で花一つひとつを選んでいるので選者の個性が出るともいえる。
 「はしがき」によれば、恋愛詩と思えない作品もあるが、それが小池さんの「願う恋の姿」だとある。
 「恋うとは遠いものに橋を渡すこと」だと小池さんはいう。もし、恋愛詩と思えない作品にそんな橋が見えないだろうか、それが小池さんの恋だ。

 収録されている詩を少し紹介しておく。「初恋」(吉原幸子)「樹下の二人」(高村光太郎)「とてもたのしいこと」(伊藤比呂美)「無声慟哭」(宮澤賢治)「雷」(林芙美子)「薔薇の内部」(リルケ)といったように、古今東西の詩人が並ぶ。
 それほどに恋愛は昔から詠われてきているのは、人として根幹の感情であるからだし、その思いの表現はその人の数だけあるということだろう。

 詩人の茨木のり子からは詩集『歳月』から「夢」という詩が選ばれている。自分の好きな詩ということもあって、小池さんの選に納得する。
 自分の好きな詩が入っていればうれしいし、新しい詩に出合うのもまたうれしい。
 それこそアンソロジーを読む楽しみだといえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋愛詩集

紙の本恋愛詩集

2016/05/17 15:56

言葉の奥深さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋愛詩のアンソロジーで、国内外の様々な詩が収められています。それぞれ短い解説が付いていて、詩の味わい方を教えてもらえます。同じ編者の「通勤電車で読む詩集」も面白いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示