サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

安全保障を問いなおす 「九条-安保体制」を越えて みんなのレビュー

  • 添谷芳秀(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

安全保障を問いなおす 「九条−安保体制」を越えて

3度読む価値がある

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年の安保法制はそれほどの大事ではなく、戦後レジームとも言える「九条-安保体制」の枠内に収まったという。しかも、安倍首相の祖父、岸信介の安保改定と同じ結末らしい。一見、えっと思ったが、3度読み直して納得した。するとあの安倍政権のごり押しはなんだったのか、悲しくなった。その結果、アメリカに擦り寄り、アジアとは疎遠になる。中国が突き付ける挑戦に対して、日本の安保戦略を日韓豪の安保協力から建て直せという主張は、遠回りでも核心を突いているのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示