サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

アマゾンと物流大戦争 みんなのレビュー

  • 角井亮一(著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍

【期間限定価格】アマゾンと物流大戦争

面白く、読みやすい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容にスピード感があり、読みやすく、一気に読めた。
面白かった。

『ロジスティクスを制するものが、ビジネスを制する』という。
「ロジスティクス」とは、ビジネスの世界では、企業の物流合理化手段を意味するのだそうだ。


本書のはじめのうちは、アマゾンの脅威について、その他。
『 なぜアマゾンの急成長に危機感を覚えるのか。その理由は、彼らの本質が
「ロジスティクス・カンパニー」であるからです。
ジェフ・ベゾスが公言する通り、ロジスティクスこそが彼らの最大の強みなのです。』

『専門家であるがゆえに、アマゾンが変えつつある世界がいかに戻ろうとしても
戻れないものであるのかが、よくわかります。』

『一度強固なロジスティクス網を張り巡らされてしまったら、外から見て真似ることもできず、
それに太刀打ちできるロジスティクスを作るのに相当な時間がかかることになります。』

『アマゾンが近い将来にもたらすのは、まさに経済の地殻変動です。
米国ではすでに大きく動き始めていますが、日本も例外ではありません。
多くの人に知れ渡ってから対策を練るのではあまりにも遅すぎます。』という。

『 米国のシリコンバレーでは、既存産業を壊滅させるという意味の「ディスラプション(Disruption)という
言葉が流行っていますが、アマゾンが既存小売業界や既存宅配業界を壊滅させるのではないかという話も
真剣に語られています。』

第二章で、米国でのウォルマートvsアマゾンの仁義なき戦いについてなど。
『 日本の企業が物流拠点を作るという場合、まず営業先、販売先を開拓し、
現状の物流拠点ではコストや納品スピードで不備が出てきて初めて、新たな拠点を考える、
というのが一般的です。
一方のウォルマートはその逆で、まず先に物流拠点を作ってから店舗展開を始めています。
 なぜウォルマートは物流拠点を先に作るのでしょうか。私は、ウォルマートの創業者
サム・ウォルトンが元軍人であるという出自が大きく影響しているのではないかと考えています。』

『 恒常的な低価格を武器とし、日本版ウォルマートと呼ばれるスーパーマーケットに
「オーケーストア」がありますが、同社はウォルマートのEDLPを取り入れて近年急成長を遂げています。』

第三章で、アマゾンと競い合うための3つの戦略など。
ネットスーパーの現状やヨドバシカメラについてなど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アマゾンと物流大戦争

紙の本アマゾンと物流大戦争

2017/04/21 09:03

Amazonおそるべし。もはや物流レベルの話じゃないですね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂の下の落人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまや日常になったネット通販の代名詞でもあるAmazon。
そのすごさは誰もがなんとなく体感していることと思いますが、ここまで進化し、徹底しているとは知りませんでした。
CVSの雄・セブンイレブンとはまた違う革新性と凄みを感じました。
もはや、一企業の物流問題というより、流通革命であり、流通界の寡占、一強時代の到来を予感させる内容でした。
実際、日本でもヤマト運輸や佐川急便などの運送業界が巻き込まれている現実があります。
AIやビッグデータを扱うテクノロジーとリアルなインフラである物流網の完備。これによって、確実にAmazonの支配力は高まりつつあります。
近い将来、小売流通・物流業界は完全にAmazonに支配されているのではないかと、冷たいものが走りました。

著者はこの分野に精通した第一人者。興味深い話をわかりやすく解説、また構成もしっかりされているので、Amazonや物流のいまを知るには、最適な一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アマゾンと物流大戦争

紙の本アマゾンと物流大戦争

2017/02/27 12:50

物流の裏側

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今日、多くの人が利用しているアマゾン。
利便性に関しては言うまでもなく、今後さらに顧客のニーズにあったサービスを展開しさらに売上を伸ばしていくであろう。
しかしこのままアマゾン一強時代を黙認してよいのだろうか。そのことを問いかけつつ、強さの秘密を解き明かしていく一冊である。
ノウハウの蓄積に主眼を置くアマゾンのロジスティクス戦略と、既存のノウハウを利用していく楽天のようなモール型との対比。
配送センターから玄関までのラストワンマイルにおいての各企業の努力。
このような、知っていそうでよく知らなかった物事が、物流業界に身を置く筆者ならではの視点から語られていき、目から鱗であった。
一方で業界人だからこそであろう。アマゾンへの危機感が滲み出ており、少しアマゾン批判が多かった印象だが、それも致し方ないであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】アマゾンと物流大戦争

物流って大事なんや

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アマゾンについて知りたくて買ってみました
ものすごいハイテクな事だらかなのかと思ってましたが
意外に物流というローテクなイメージがある分野でも
やっぱり考え抜かれてる
もちろんその中にはIT技術も満載なのでしょうが
お客さん第一主義を徹底すべく日夜努力しているからこその今何ですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アマゾンと物流大戦争

紙の本アマゾンと物流大戦争

2016/10/25 08:18

一つの参考として

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アマゾンと物流業界との関係に興味を持ち購入しました。即日配送など物流のスピード化が激しい世の中ですが、それを価格に反映できず苦労している話などをよく聞いていたので、また一つ参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示