サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

サザエさんの東京物語 みんなのレビュー

  • 長谷川 洋子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

サザエさんの東京物語

紙の本サザエさんの東京物語

2008/07/13 12:07

「うちあけ話」妹篇。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは、雑学。
「町子姉は、翌昭和21年4月から夕刊フクニチに連載を始めた。愛読していた志賀直哉氏の『赤西蠣太(あかにしかきた)』に登場する御殿女中が、〈小江(さざえ)〉という名前であったことと、私達の住まいが海岸の側にあったことから、姉は主人公の名前を『サザエさん』と決め、家族の名前も、すべて海にちなんだものから選んだ。毎日、海岸に散歩に出ては砂浜に座って、思いつく限りの名をいくつも砂の上に書いたり消したりしていた。後に朝日新聞の全国版で読まれるようになるとは夢にも思わず、ごく気楽に執筆を始めたのだった。」(p62)


え~と、雑念。
本棚を整理するのは、数年に一回あるかないか。そんな私です。
本棚の整理する時は、決して読まないだろう本を、取り出して、段ボール箱へと収めます。そんな整理の隙間をぬって、毎回私の本棚に残る一冊に、姉妹社の長谷川町子著「サザエさん うちあけ話」があるのでした。ちょいと、身近において置きたくなる本。何というか、私にとって本棚の整理のたびに思い出すような本なのであります。表紙カバー(そんなのあったけ)はとれ、だいぶ黄ばみも出てきております。まあ、そんなふうな本とのつきあいをしていると。面白いことに、ここに出てくる登場人物はいまどうしているのだろう。などと思うことがあります。たとえば、こんな箇所。

「母の病がおこりました。妹の作文を、ひそかにひろい集め、菊地寛先生におめにかけてみてくれと申します。病人には逆らえないから姉が持参しました(姉はケッコンしても、仕事のつごう上、一緒に暮らしていました)。『いま、どこにいってるの?』『ハ。東京女子大でございます』『やめさせなさい、ボクが育ててあげる』妹はすぐ退学届を出して、ご近所の先生宅にかよいだしました。名もない女学生のために、西鶴『諸国はなし』の講義をして下さるのです。・・・」

こういう絵文字を眺めてボンヤリとしている。すると、この妹さんは、いまどうしているのだろうなあ。などと、思うでもなく、浮かぶ雑念としてあるのでした。大学をやめて菊地寛の講義を聞いた人っていうのは、何よりもどんな文章をかかれるのだろう。というのも興味があります。けれども、それもこれもピントが合わないボンヤリした写真のような、何とも見当がつかない雑念だった。ってわけです。

なんとも、その妹さんが書いた本が出たのでした。うん。読めたのでした。
ハハハハハ。
ここまでにします。長谷川洋子著「サザエさんの東京物語」の内容を書かず、私の雑念を書いて終り。つまりですね。私はこういう期待感を持って、この本を読みました。ありがたいことに、その期待感は裏切られずにすみました。さらに、思わぬ内容展開をこの長谷川洋子氏の本で読むことが出来たことを、ここに、ご報告しておきます。

ということで、私の本棚に「サザエさん うちあけ話」と「サザエさんの東京物語」とが、これからは、いっしょに並ぶことになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サザエさんの東京物語

紙の本サザエさんの東京物語

2009/01/14 21:55

内弁慶

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「さーて,来週の『サザエさん』は?」

「町子の妹の洋子です.

 パーティ嫌いで,稀に招きに応じると『動く長谷川町子を初めて見た』と驚かれたり(p.11)と,内気に思われがちな姉ですが,実は
『一人で5人分くらい騒々しい』(p.12)
と長姉に評されたり,
『わがままというのは表裏のない,ウソのない人ということよ.分かったか,ボケナス!』(p.13)
『結婚には向かない.お嫁さんが欲しいのは私のほう』(p.13)
などと言ったり,
乱闘など繰り返す,暴れ放題の小学生時代(p.16)だったりする,単なる人付き合いがめんどくさいという人だったりします.
 入京した木曾義仲のような冷ややかな扱いを受けて町子をめげさせた『お嬢様学校』(p.36)の体験が,影響しているのかもしれません.

 本書の内容は,そんな長谷川家の内幕を,過度にネタに走るでもなく,『サザエさんうちあけ話』に比べれば淡々と記しています.
 歎異抄を通じて聖書を理解する著者(p.58)
 毎日,他社の新聞の記事を見ては,「抜いた,抜かれた」のチェックをする,著者の夫(p.97)
 母親の「姥捨て山」病院からの生還(p.182)
 借りてください,と懇願しに来る銀行(p.200)
などなどです.

 もちろん,
 囚人護送車輛に紛れ込んでしまったものの,そのままずっと乗って帰ってくる母親(p.65)
など,そのままマンガになりそうな話も入っています.

 また,その時々の世相も,長谷川家の影響を主として記していまして,
 戦時中の紙不足で薄くなる雑誌,廃業する出版社(p.45-46)
 「床下に穴を掘って防空壕にしろ」命令(p.52-53)
 疎開先の福岡で,家の前の道路まで耕し,一家で食べきれないほどの収穫を得た長谷川家(p.57-58)
 空襲直後の博多中心部を歩いて,天神の西日本新聞社に出社する町子(p.59-60)
 音のない世界のようだった終戦の日(p.61)
 終戦直後の満員の汽車の中で出版の知識を手に入れてきた母親(p.64)
など興味深いものがあります.

 ちなみに,長谷川町子の写真も載っていますが,ちょっとマンガ向けにデフォルメしたらまさに連載初期のサザエさんになるだろうな,という顔(p.49)で,ちょっと笑えます.

 さて,来週の『サザエ』さんは,

・特大大福を毎日6個も食べて,とうとう盲腸炎になった長姉,まり子(p.27-28)

・3歳の長女がテーブル上のものを何でも叩き落としてしまい,食事もできないので,ベビー・サークルを買ってきたものの,柵を乗り越えることに長女は成功してしまい,あべこべにベビー・サークル内に避難する著者夫妻(p.94)

・ 日当たりが悪いといって,巨大な天窓を開け,まぶしいくらいにして,幽霊も出にくくなった幽霊屋敷(p.51-52)

の3本です」

「来週もまた読んでくださいね……,んがっ! くっく!」
【関心率11.82%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示