サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

第三の脳 皮膚から考える命、こころ、世界

組織には組織の自律性がある。皮膚が与えてくれる世界観。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 皮膚組織も、情報を受け取り、化学物質を分泌したり電気的なシグナルを出している。最近の研究結果から「皮膚は脳と同じような性質を持つ、第三の脳」、と著者は書く。既に消化管が「第二の脳」と言われているので、「第三の脳」なのである。
 著者は化粧品会社に所属する、工業化学系出身の研究者。研究の進歩で、皮膚の細胞についてもさまざまなことがわかってきたことが、わかりやすい言葉で書かれている。
 指先の感覚が、感覚細胞の分布の間隔よりも細かいものを識別できるのはなぜか。視覚と同様に、皮膚感覚にも錯覚があることを示す、帯に凹凸のある印刷がついている。こんな体験もちょっとした驚きである。ほんとうにいろいろなことが研究されているものだ、と感心もした。
 結局、組織という一つの集団は、それ自身である程度自律的に反応できる機能集団だということを示す知見が増えてきた、ということなのではないだろう。個体を統合する、という点で「脳」への集中が強調されすぎてきたのかもしれない。それぞれの組織、もしかしたら分子までもが各自で調整をしながら、さらに上の(組織なら個体の、分子なら細胞内器官などの)統合の中で生きている、そんな新しい生命観を感じさせる。なんとなく「脱DNA宣言」に書いた書評と同じようなことを考えてしまった。これも新しい生命観の提唱なのだろう。

 皮膚という組織でわかってきた新しい事実も興味深いし、生命観を考え直すいろいろなヒントが述べられていて大変面白かった。しかし、話のテーマが次から次へ変わっていくきらいがあり、文章、本のまとまりとしては若干散漫な印象がぬぐいきれない。超能力や東洋医学の話まで話題を広げなくてもよかったように思える。さらに研究が進んだ時点で、また「掘り下げた」意見を述べて欲しいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示