サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

友だちのママ・美乳交姦 みんなのレビュー

  • 名鳥悠
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

友だちのママ・美乳交姦

友だちのママ・美乳交姦

2002/06/21 05:26

フランス書院文庫新人賞は、伊達じゃない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マキと希美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 友人の母、裕美子を一人の異性として意識していた真一は、ある切っ掛けから憧れの巨乳を吸わせてもらい、さらに自分のモノまで触ってもらう。その後二人の関係は、デパートの試着ルームで互いの秘部を舐め合うなどエスカレートし、とうとうセックスへと——。
 一方、裕美子の息子である隆史は、母と友人のセックスを覗いていた。セックスへの欲求を抱え悶々とする日々が続くが、その募るばかりの欲望は、友人真一の母、陽子へと向う——。
 この作品は、真一と隆史が、それぞれ友人の母とセックスするまでを描いています。そこに至るまでが長めの為、セックス・シーンが少ないのが残念といえば残念かな。途中の行為の描写が濃厚だっただけに、出来れば上下巻に分けて、下巻の途中辺りからでも、互いのカップルが同じ場所でセックスを見せ合うシーンなんかがあると、更に面白くなったかもと思いました。
 とは云え、これはこれで良い作品だと思うし、熟女ものが好きな方には、特にお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

友だちのママ・美乳交姦

電子書籍友だちのママ・美乳交姦

2014/12/23 20:43

W主人公・Wヒロインの交姦が冴える

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

「名鳥悠」名義では唯一の作品だが、2人の少年がそれぞれ他方の母に好意を抱いて交姦に至るという寝取り・寝取られの醍醐味を味わえる作品として印象に残るであろう。双方に実母との相姦はなく、あくまでも友人の母のみが対象となっているところにイマドキ(2014年)のフランス書院文庫では味わえない良さがある。

【真一】 前半の主人公(15歳)で高校一年生
【隆史】 真一の同級生(15歳)で真一の友人

<裕美子>隆史の母(39歳)で可憐な人
<陽子> 真一の母(38歳)で妖艶な人

「真一×裕美子」の前半と「隆史×陽子」の後半とに大別される構成だが、そのアプローチとして真一が小学生時代に目撃した裕美子と夫との夜の営みや、今は未亡人となった裕美子の新しい結婚相手候補の存在などが序盤では背景として描かれ、幼い頃から憧憬の念を抱いていた真一の心が友人(隆史)の母への想いなのだと気づかせる伏線にもなっている。また、裕美子への劣情を妄想する場面も少なからずあって、そうした諸々の感情が裕美子を求めるに至るのだが、清楚な奥ゆかしさのある裕美子には若干のMっ気もあることが判明してからは羞恥プレイも交えつつ若さに任せた責めを見せ始める真一である。息子の友人として接してきた真一の変化に戸惑い、押されながらも昂ってしまい、次第に自ら求めてしまうに至る裕美子の被虐的な官能も興奮を誘うものである。

そして、そんな2人の関係を知って憤りを感じるのが隆史である。自分の母を奪われたとする隆史の感情は次に友人(真一)の母へと向かうのだが、ここでは隆史の心の奥底にある母への想いを陽子が汲み取ることで前半とは趣を異にする関係にしているのが上手い。空閨もあって隆史にカマを掛けつつ誘っていく陽子が艶っぽく、また、美容院を営む陽子の部下として【夏江】という33歳の人妻を登場させて3Pを盛り込む変化もつけていた。その代わりと言っては何だが、隆史や陽子の心情もしっかり描写していることもあって肝心の官能描写には物足りなさも残る。

この2組の行方がどうなるのかと思ったが、結末は意外に(良い意味で)あっけらかんとしたものだった。最後にようやく出てくる学校の、しかも屋上を上手く活用しての修羅場でもない肯定的な鉢合わせは新鮮でもあり、本来なら許されない背徳の関係ながらもこれはこれで良いのかな?と思える幕引きには妙な爽快感すらあった。要するに母交姦にして息子交姦は双方にとって然るべき結果だったということなのであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示