サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

義母と少年 愛獣生活 みんなのレビュー

  • 熊谷禄朗
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

義母と少年 愛獣生活

電子書籍義母と少年 愛獣生活

2016/08/24 20:47

昭和的退廃の香りを残す凌辱的母子相姦の行方は?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

1992(平成4)年の作品ではあるが、まだまだ昭和の薫りが色濃く残るテイストと言わねばなるまい。発刊当時のオビには作者が「初めて挑戦する想像を絶する異常な相姦劇」とあり、確かに義母との母子相姦を軸とした話ではあるのだが、元より凌辱作品を手掛けてきた作者らしくイマドキな甘さはほぼ皆無。冒頭こそ一緒に風呂へ入ったりもしているが、義母を呼び捨てにする息子や高圧的な態度の夫といった男尊女卑の雰囲気が根底に流れるところには隔世の感すら漂う。しかし、当時の息吹きを感じながら読むのが旧作の醍醐味であるならば、これはこれとして味わうのが現代的な読み方の1つと言えよう。

そんな隔世の感は物語のドラマ性にもある。ほぼ家中でのみ繰り広げられるイマドキのヒミツな密室母子相姦に比べればずっと起伏に富んだストーリーである。旅先では山中で浮浪者のごとき醜男に義母が息子の前で犯され、その報復として息子は現代ではあり得ない(従前の官能小説では時折見られる)犯罪に手を染めたりする。全体を通しても官能描写は時として暴力的である。

そして、中盤以降は息子と夫による義母のオープンな奪い合いである。夫(父親)の前で義母を貫く息子に対して夫も息子の目前で妻(義母)との営みを見せつける。互いが嫉妬に駆られた末の応酬は次第にエスカレートしていくのだが、最後に双方が見せた義母への扱いはこれまた女性を軽視するかのようである。

これを当時の感覚からしても義母が可哀想と思えるものだとすれば、即ちそれが狙いだったのであろう。なぜなら、そんな扱いを受けた義母に去来するのが過去に味わった恐怖に潜む官能的スリルであり、それを求めて彷徨う姿が哀れを誘うのと同時に一種のしたたかさも感じられるからである。不憫な立場であっても強く生きる女の姿が込められたと解釈するのは深読みだろうか。しかし、男の快楽を描きながら女性を描くのも官能小説であるならば、悲劇的なヒロインからも何かしらを感じ取りたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示