サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

ママは双子姉妹 みんなのレビュー

  • 高竜也 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

ママは双子姉妹

電子書籍ママは双子姉妹

2016/11/01 18:48

双子姉妹の実母&叔母との優しい相姦劇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランス書院文庫の草創期から活躍する大御所も21世紀に入れば作風に相応の変化が見られるのか、本作には以前のような凌辱的な場面が挟み込まれることはなく、一貫して甘い誘惑テイストとヒロインばかりが嫉妬心や対抗心を抱くようなイマドキに近い仕上がりとなっている。双子ヒロインと言えばお馴染みの入れ替わりを巧みに用いた実母と叔母との相姦物語である。

話は基本的に叔母を中心に進むのだが、始まりは一見無関係かつ唐突な同級生ヒロインからとなる。この第3のヒロインは序盤、中盤、終盤に出てきてはおマセな高飛車お嬢様キャラらしく振る舞うのだが、まるで無知だった主人公の性的向上を示すバロメーターの役割を担っており、身勝手に振る舞われて訳も分からぬままの強制手淫で派手に放出させられた冒頭から叔母との体験を経て、つまりはテクニックを身につけて以前とは違うところを見せることができた中盤と、相手の心情にまで配慮したいたわりをも加味して主従逆転くらいにまで翻弄させることができた終盤へと繋がっている。

共に35歳の実母&叔母姉妹には、これまた共に夫婦仲がイマイチぎくしゃくしているという背景がある。その寂しさや虚しさから思わず耽った叔母の自慰が主人公に見られてしまうのは高作品の定番アプローチだが、ここで主人公が青い劣情から挑みかかってしまえば従前の作品群と同様となるところを子供の頃から親しかった間柄が滲み出た緊密な距離感によって早々に秘密を共有した間柄にもなっていく。これ以前に主人公の自慰が叔母に見られていたことも要因である。

ここからはチェリーを卒業した主人公がやや調子に乗った感じで叔母に欲望をぶつけていくのだが、許されぬ間柄になったとはいえ節度ある関係でもありたいとしつつ不幸にも子供が産めなくなっていた叔母が姉(実母)から主人公を奪いたい気持ちも芽生えたことで双方が次第に溺れていく。そして、これを後に察知するのが姉(実母)である。

夫との距離感の喪失が決定的となる夜の営みにはなかなかのリアリティが感じられた実母の気持ちは以前から息子(主人公)を溺愛することで埋めていたが、それも妹(叔母)が危険な存在としてクローズアップされると浮足立ってくる。元より瓜二つな妹と名前を変えれば即ち自分自身と入れ替わることも可能では?との発想が募って敢行されたのが3人での旅行である。

しかし、妹にあって姉の知らない(主人公は知っている)完全に瓜二つとはならない後天的かつ決定的な違いを設けて主人公に感づかせる巧みな演出によって、終始一貫してドキドキの連続だった姉の「秘密の企み」は割と早々に主人公が知るところとなる。これもまた全体をソフトかつ優しく仕上げるための流れなのであろう。最終的には叔母の家庭も実家も相応の悶着の末に新たな道筋ができ、2人っきりとなった姉(実母)と主人公(息子)の関係も新たに始まる幕の引き方である。

全体的な纏まりは申し分なく、読後感も良好ではあるが、欲を言えば結末に至るまでに、あるいは結末のその後に実母とはもう一戦交えてほしかったところか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示