サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

家庭教師と二人の熟妻 みんなのレビュー

  • 楠木悠 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

家庭教師と二人の熟妻

家庭教師と二人の熟妻

2008/11/28 17:32

あまりに貪欲でしたたかな変貌を遂げる熟女達

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

これがデビュー作だという。であれば驚くべき完成度である。早生の天才肌な作者とお見受けする。家庭教師の主人公、義母とその息子、後半より登場する実母、それぞれの登場人物にドラマがある。主人公と義母はかつての生徒と先生である。義母と夫との仲は冷めている。息子は未だ義母を母と認めていないが女性として憧憬に似た淡い想いを抱いている。止むに止まれない事情で離婚した実母は復縁を望んでいる。これだけの要素を実に上手く絡み合わせながら破綻の無いストーリーを組み立てている。内容が濃い、分厚い印象を受ける。重厚とも言える一筋縄ではいかない作風である。始まりはお互い軽い火遊び感覚ながら、主人公にとって義母は初恋の人だっただけに、また義母もかつて憎からず思っていた生徒だっただけに、次第に真剣な恋へと昇華していく様が丁寧に描かれている。また、復縁への取引で始まった実母との関係は、主人公が優位な立場にいるためか高飛車な振る舞いが目立ち、義母との違いを際立たせるのと同時に実母の被虐性を開花させることにもなっている。その後エスカレートした主人公の欲望が過激さを増し、それに答える義母と実母との相乗効果で怒濤のエッチシーンへと向かう。義母には息子との相姦を強要し、実母には露出を強いる。それぞれに意味と思惑あっての行動なのだが、ちとやり過ぎではとも思えた。ただ、それら恥辱を越えてなお貪欲に主人公を求める義母や実母の姿にも呆気にとられるのだが。しかもクライマックスでの3Pは熟女の欲望ここに極まる凄まじいまでの乱れぶりである。さらにエピローグでは息子をさらりと再登場させながら熟女達のしたたかな一面も秀逸に描かれている。巧みなストーリー展開の前半、濃厚に淫らな後半と2つ楽しめる作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家庭教師と二人の熟妻

家庭教師と二人の熟妻

2002/07/23 17:22

これは傑作!読まなきゃ損!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マキと希美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 修吾が新たに依頼された家庭教師先の母親が、中学時代、そして今も憧れの存在の女教師、翔子だった。翔子にとっても修吾は当時可愛いと思っていた生徒であり、久し振りに会ったその夜、2人は身体を重ねた。その後も授業の合間を縫ってセックスに興じる2人。だがドアの向こうで、教え子の健太が聞き耳を立てていた——。
 これがデビュー長篇。登場女性は2人。36歳の翔子と健太の実母40歳間近の加代子。どちらもまさに熟女で、修吾とのセックスに激しく喘ぎ、肉棒を求める姿は、とてもそそられます。セックスシーンも多く、その上濃厚でじっくりみっちり描かれています。ほぼ和姦で読後感も良く、とても興奮でき満足できる内容でした。デビュー作でこれほどの出来なら、2作目以降も期待できると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家庭教師と二人の熟妻

家庭教師と二人の熟妻

2002/07/21 17:11

そらァもう熟れてます。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:電気屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新人楠木悠のデビュー作(処女作って書いたほうがいい?(笑))。
 官能小説の読者の年齢層が上がってきている証拠なのか、ヒロインの年齢はだんだん上昇傾向にあり、本書のヒロインも二人とも三十代後半っス。
 でも、果実は腐る一歩手前こそが最も美味。熟れ熟れのヒロイン二人のいやらしさは特濃です。もちろん、二人ともそっちの欲求が満たされていない設定っスから、むしろ積極的に求めてきます。そーゆーのはどーも萎えるつう向きもおられましょーが、セックスは元々二人でするもの。両者が協力しあって始めて最も濃いセックスになるというのも道理です。
 コスチュームプレイにシチュエーションプレイとフェティッシュなプレイが続いた後、クライマックスは怒涛の3P。こってりたっふり楽しんでくだれ。

 官能小説新刊情報は、コチラの【くれない書房】 までどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示