サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

妻の姉【二週間の秘園】 みんなのレビュー

  • 庵乃音人 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

妻の姉〈二週間の秘園〉

紙の本妻の姉〈二週間の秘園〉

2012/08/31 21:39

許されない関係への懊悩と解放のギャップ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

社長秘書な妻が海外出張する2週間に、その姉と訳あって同居した主人公が秘めた想いから関係を結ぶ話。まぁ、タイトル通りと言えよう。他に、この夫婦に共通の後輩(受付嬢)がサブヒロインとして登場する。終盤では妻との営み(?)もあるので実質的には3人ヒロインとなる。しかし、とうとう庵乃先生も「黒本」に登場かぁ~と、その作風に注目したが、これが思いのほか「黒本」だったことに少々驚いた。執筆側が「黒本」らしいのを書きたかったのか、編集側の意向だったのかは知る由もないが、特に結末において、これまでのリアルドリーム文庫や竹書房ラブロマン文庫などの過去作品とは明らかに異なるテイストを感じた。

メインヒロインが妻の姉(未亡人)なのは揺るぎないが、中盤以降は後輩が旗振り役となり、最後にはみんなで寄ってたかって帰国した妻を取り囲む流れでもある。そして、それぞれのアプローチは割と一方的なものだったりする。

序盤:主人公 → 妻の姉
中盤:後輩(&主人公) → 妻の姉(&主人公)
結末:主人公&妻の姉&後輩 → 妻

この矢印の流れで、過去の悲しい体験を背景にした情愛や、以前より秘めていた恋慕、あるいは作中で「新しい世界」と表現された関係の構築を成就すべく迫り、迫られる展開とも言える。迫りには独り善がりな印象もあって好みが分かれるところかもしれないが、迫られる(主に妻の姉)側の葛藤や懊悩、あるいは困惑といったものもしっかり描かれることで深みを増している。

そして、理性と感情と肉欲の狭間でずっと悩ましい状態にあった妻の姉が遂にタガを外し、全てを解放した時の破壊力がなかなかに凄まじい。このギャップが本作の最初の見せ場と言える。さらには、最後の最後になって全てが一変していることに気付き、狼狽し、忌避し、抵抗する妻を降参させる「最後の切り札」が伏線の回収になっているところはさすがの構成と言えよう。

他の文庫ならば、職を失っていた主人公の再就職を祝うようなエピローグが盛り込まれるところかと思われるが、これを一歩手前で留め、代わりに乱れに乱れ、爛れに爛れ切った関係の描写にあてたことが「黒本」らしさであり、その官能描写の猛烈な淫猥さが他の文庫と一線を画すところと推察したがいかがであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示