サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

力ずくの夜這い みんなのレビュー

  • 森一太朗
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

力ずくの夜這い 義母、姉、叔母に…

作者が本作に込めたものは……?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに有無を言わせぬところはあるが、タイトルに冠するような『力ずく』とはちょっと違うテイストであり、『夜這い』というほどのシーンもない。官能描写は相変わらず淫猥度が高いものの、ストーリー展開には首を傾げるちぐはぐな作品である。

捻りのある設定は悪くないし、義母をメインとする序盤はまだ良かったのだが、気がついたら堕ちていたような義姉のあっさり感は肩透かし。堕としの醍醐味に欠けると言わざるを得ない。

そして、何より終盤の、本来ならクライマックスとすべき場面が脇役のみで繰り広げられているのは「?」であり、その疑問が払拭されぬまま終わってしまうのは読み手を置いてけぼりにしているとさえ感じられる。叔母はまだしも初老の2人がせっせと励んでいるのを延々と見せつけられるとは思いもしなかったところである。

ここからは個人的で根拠のない推測だが、こうした展開が読み手のニーズに合致しないことは充分に把握しているであろうことから作者には何かしらの意図があったのではなかろうか。

似通った作品ばかり執筆しなくてはならないことへの反発?
いわゆる「一竿」的な官能描写に限定される現状への抵抗?

本作では叔母というサブヒロインと主人公ではない2人の男によって複数人プレイががっつり描かれた訳だが、本当はメインヒロインで描くことで主人公の「ぐぬぬ……」な感情を、つまりは「寝取られ」的な状況を真正面から描きたかったのではなかろうか、という憶測である。一竿主義から脱却しなければがっつりな寝取られは描けないからである。

また、ニーズを視野に入れながらも本当は様々な設定やストーリーで様々なテイストを自由に描きたくなるのが表現者の1つの願いかと思うが、余りにも固定された、限られた環境下にあり続けるのは窮屈であり苦痛ともなろう。そんな思いを本作に込めたのではないだろうか。

この推測が間違っていなければだが、もしかしたら本作は読み手とは別の何か見えない力のようなものに向けて発せられたのでは?との穿った邪推もしてしまうところである。それほどの違和感が残る作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示