サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

初体験教室【三人の年上隣人】 みんなのレビュー

  • 鷹羽真
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

初体験教室〈三人の年上隣人〉

紙の本初体験教室〈三人の年上隣人〉

2016/12/03 00:51

年若の主人公を愛でる3人の隣人達

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ最近のフランス書院文庫らしい幼さが残る主人公に対してヒロインも20代と若いため、妖艶な熟女の脂っ濃さではなく、どちらかと言えば瑞々しさが前面に出ているテイストであろう。それでも純朴な少年を可愛い可愛いと愛で、ご立派なムスコが思わず勃ってしまうのも純朴さの表れとさらに愛でるショタコン風味全開の作品である。

スタイル抜群で少々意地っ張りでもある叔母【茜】23歳
おっとり天然癒し系で豊満ボディの隣人【ひな子】27歳
厳格な家系に由来する無垢で初心な若妻【みやび】20歳

全体としては「茜:ひな子:みやび=3:1:1」といった比率で描かれる。主人公からの距離感として親族でもある叔母(亡母の妹)の茜がメインとなり、これに幼馴染み同様に接してきたひな子と最近になって接点ができたみやびが加わる構成と言えようか。そして、この比率がそのまま費やされた章の数と同じであるため、全6章立てなので残りは全員集合の最終章のみとなる。つまり、茜と最後の一線を越えるまでに半分を割いてじっくり描いた結果と言える。

当初は単に仲の良い弟のような甥っ子でしかなかった主人公の「男」を感じさせる一面を知って茜が変わっていく。主人公の初恋の相手であるフェミニンなひな子への憧憬とコンプレックスから対抗心も芽生えていく。そんな経緯から主人公を想っては自慰に耽る茜の描写が続く。同じ頃に主人公も茜を想って自慰に耽っている。そして、ようやく2人が第三章で結ばれる。ここまで2人の心情をしっかり描いた点は良かったし、ヨガスクールの講師という茜の柔軟さを活かした官能描写もいやらしかったのだが、さすがに読みながら「まだかな」といった長さも感じたので、ここは2章で纏めて他の2人にもっと余裕を持たせることができればさらに良かったと思う。他の2人が少々割を喰った印象も否めないからである。

母性的な包容力に溢れ、ヒロインの中では最もショタコン的愛情を発露させるひな子。対照的に純真で淑やかな反応が庇護欲を刺激し、それでいて後には積極的な振る舞いをも見せ始めるみやび。この2人にも茜に負けない魅力があったので1章ずつではちょっと物足りない。さらに言えば、茜も含めて結ばれてからも性欲旺盛な主人公によってスグに2回戦が始まり、次いでは夜通し、場合によっては翌日もという連続の官能場面がありながらダイジェストで済ましてしまったのも勿体ないところ。全体のバランスを整えることができれば各ヒロインにつきもう1度くらいは描写を加えることも可能だったように感じた、というか読みたかった。

若くして未亡人になってしまったひな子や若くして親の都合で年の差結婚を強いられたみやびといった背景が盛り込まれることでエピソードが上手く繋がれていたし、全体としても心地良く読めた物語だっただけに、ちょっとした気掛かりを抱かせる官能面が惜しまれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示