サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

四匹の未亡人奴隷 みんなのレビュー

  • 蜜蟲
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

四匹の未亡人奴隷 義母、叔母、女教師、美母

誘惑路線支持者でも充分に堪能できる愛憎劇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

書籍の帯には「暴虐小説」なる言葉が躍っているが、そのようなハードな凌辱作品ではない。誘惑路線を支持する諸兄でも充分に堪能できるテイストであり、むしろ激甘一辺倒な昨今の誘惑系とは趣を異にした、男女の葛藤と思惑と打算に裏打ちされた愛憎入り混じる鞘当ての応酬が蠢く作品として一読するのも悪くない。ただ、あらすじには『四匹の喪服妻たち』とあるが、実際に喪服姿なのは実母のみである。

義母と叔母は共に36歳で普段は仲も良いのだが、夫(叔母の兄で主人公の父)の死去による遺産の存在が2人の関係を微妙なものにしている。分け与えられた遺産を手に他の男の元へ行こうとする義母をお仕置きする形で義息たる主人公が手篭め同然に関係を持つのだが、実は以前から主人公は叔母と男女の関係にあり、この叔母も遺産には何かしらの関心を寄せている、少なくとも主人公はそう勘繰っているという状況である。

やや勝ち気で芯の強さを感じさせる義母は体の疼きと心の抵抗という裏表のコントラストがあり、既に言いなり状態な叔母とのコントラストも見られる。故に当初から従順な叔母が衣服を強引に剥がされて貫かれる場面は凌辱の色合いを無理矢理にでも引き出そうとの意図を感じてしまうところだが、自分だけを見てほしいと懇願し、対抗心をも露わにする叔母は他のヒロインと一線を画した存在とも言える。

この叔母の友人として中盤から登場するのが主人公のかつての担任である36歳の女教師。教師と生徒の関係は過去のものにつき女教師らしさはあまりないのだが、その過去に主人公と生じた出来事が弱みとなって巻き込まれていく。その出来事を聞かされて裏切られた思いの叔母が加担し、最終的には義母も対抗心から協力していくために4Pの構図となるが、作者の思惑とは裏腹に作品の凌辱色はどんどん薄れていくようにも感じられる。

元を正せば自分を捨てて他の男に走った39歳の実母が一番悪いとその矛先が最後に向かう。つまり、義母が行おうとしていたことを実母が既に行っていた形となるが、唯一の喪服姿が単に知り合いの葬儀に参列していただけの偶然というのは、せめて亡夫の一周忌くらいには関係性を持たせないと背徳感が減退するところであろう。それでも和装の喪服が剥ぎ取られて緊縛されるのは淫靡だった。

迫られているうちにヒロイン側が次第に折れていき、貫かれる頃には半ば観念している形の描写は凌辱作品として物足りないものの、往年の高竜也作品を彷彿させるようでもある。また、そうした印象や全体に漂う雰囲気、それに結末の纏め方などから新人のデビュー作との触れ込みながら本来は誘惑系を得意とする作者の別名義(別路線)なのかなと感じてしまうところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示